このページの本文へ

パリで健在だった「彼女」

2009年07月17日 00時00分更新

文● アスキー総合研究所

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヨーコ・ツノ
バンド・デシネ専門店で再会した『ヨーコ・ツノ』。

 19年ぶりにパリに出かけた。今回は「ジャパンエキスポ 2009」や、パリ市内にある日本マンガやアニメの関連企業やお店を取材。アスキー総研ウェブサイトのニューズレターで、全5回にわたってインタビューを中心にレポートする予定だ。

 フランスで日本のマンガが売られるようになったのは、1991年に『ドラゴンボール』が出版されてからだそうで、19年前に訪れたときには、日本のマンガは見なかったと思う(実際には『アキラ』は刊行されていたし、日本のアニメは当時すでに話題になっていたそうなのだが)。当時、フランス流のマンガ(バンド・デシネ)専門店はあって、『ヨーコ・ツノ』(Yoko Tsuno)というナゾの日本人女性が主人公の作品が売られていた。

 今回、パリ市内での取材中に、バンド・デシネ専門店にも寄ってみたのだが、なんとヨーコ・ツノの最新作とおぼしき作品が、特別に目立つような位置に展示されている! 19年ぶりの再会では、彼女は宇宙空間でも大活躍しているようすだ。

 Wikipediaには「『ヨーコ・ツノ』 (Yoko Tsuno) は、ベルギーの漫画家ロジェ・ルルー(Roger Leloup)によるシリーズ物の漫画(バンド・デシネ)。原文はフランス語。日本人の女性電気技師ヨーコ・ツノを主人公とする」などとある。さらに、英語版のWikipediaによると、1970年代から営々と出版されてきたものらしい。

 彼女のおかっぱ気味の黒髪を見ていると、日本とフランスのマンガの間には、なにかただならぬものがあるようにも感じてしまうのだが……。今回のレポートでは、そんなフランスで年々拡大中の、日本のマンガ・アニメ・ファッション・J-POPのいまをお伝えする。


カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1144(2017年9月19日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

ASCII.jp特設サイト

電撃25周年公式サイト
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集!

プレミアムPC試用レポート

ASCII 夏のベストセレクション2017

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺

ズバッと解決! Windows 10探偵団

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

ASCII.jp RSS2.0 配信中