このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「ReMIX 09 Tokyo」基調講演で見た

Wordとも連携!Silverlight 3は本気バージョン

2009年07月16日 21時16分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトのスコット・ガスリー氏
基調講演に立つ米マイクロソフトのスコット・ガスリー氏。デベロッパープラットフォーム コーポレートバイスプレジデントだ

 “バージョン3の法則”はどうやら本当だったようだ。7月16日、東京都内で開いたWebデザイナー/デベロッパー向けイベント「ReMIX Tokyo 09」で、マイクロソフトは米国で先週ローンチしたばかりの「Silverlight 3」関連記事)を国内で初お披露目した。

 大半の時間をデモに割いた午前中の基調講演では、RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)の先駆者「Adobe Flash」を意識した新機能が次々と飛び出し、マイクロソフトのRIAにかける強い意気込みが伝わってきた。


猛スピードでFlashのキャッチアップ狙うSilverlight 3

 「疑似3D描画機能」「ビットマップ&ピクセルAPI」「GPUアクセラレーションのサポート」――。これらはFlash Player 10の新機能(関連記事)ではない。いずれもSilverlight 3の新機能だ。ほかにも、動画再生時にユーザー側のCPU負荷や帯域に応じて画質をリアルタイムで調整する「スムーズストリーミング(Smooth Streaming)」、ClearTypeのサポートに代表される「テキストまわりの強化」「H.264のサポート」など、“Flash対抗”とも受け取れる機能が目につく。

基調講演で披露されたデモンストレーション。新しいAPIを利用すれば、静止画や再生中の動画にもエフェクト処理をかけられる。疑似3D表現もサポートした
基調講演で披露されたデモンストレーション。新しいAPIを利用すれば、静止画や再生中の動画にもエフェクト処理をかけられる。疑似3D表現もサポートした

 究極は、Adobe AIRをイメージさせる「アウト・オブ・ブラウザー(out of browser)」だ。アウト・オブ・ブラウザーは、Silverlightアプリを文字通り“ブラウザーの外”、つまりデスクトップ上で実行できる機能。アプリケーションはWebブラウザー上から簡単にインストールでき、自動更新にも対応している。ネットワークの接続検知機能を使い、オフライン状態でユーザーが入力しておいたデータを、オンラインになった途端にサーバーに送る、といったアプリも作れる。

ヤフーのデモ
ヤフーが開発中のSilverlightアプリ。アウト・オブ・ブラウザー機能を使い、デスクトップ上で動作する。Yahoo! オークションの商品を検索を”見える化”したり、登録しておいたキーワードの商品データを自動的に取得したりできる。自分が所有している類似商品をオークションに出品した場合の総額を計算する機能もある

 実際に基調講演で事例として紹介されたYahoo! オークションのウィジェットは、言われなければFlash/AIRアプリにしか見えなかっただろう。奇しくもAdobe AIRのローンチの際に披露された事例は、米イーベイのオークションウィジェットだった(関連記事)。ヤフーとイーベイのウィジェットは見た目も機能もまったく別物ではあるが、それぐらい、SilverlightとFlash/AIRは急接近しているように見えるのだ。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング