このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

痛車も痛単車も痛チャリも! 1000台集結の「萌ミ2009!」 ― 第1回

痛車が1000台! 日本最大の痛車イベント開催!

2009年07月16日 20時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スキーなんてしません!
俺の嫁がスキなだけ!

 7月11日~12日にかけて、岐阜県は郡上八幡にある「めいほうスキー場」で開催された「萌ミ2009!」。北は青森、南は九州から「俺の嫁」をひっさげた痛車が集結。なんとエントリーした車両は、820台だ! さらに痛車に乗って見学にきた来場者も多く、スキー場の駐車場はおそらく1000台近くの痛車で埋まった。

 長年痛車を追い続けている我々取材班だが、これだけの台数を集めたイベントは過去に類を見ない。しかも主催者は企業ではなく、個人と有志だ。そんな第2のコミケを思わせるイベントをASCII.jpは、東京からはるばる8時間かけて取材してきた!

 なにせエントリー数が尋常じゃないので、すべてを撮影することはできなかったが、会場の様子をこれから数回に分けてお届けしよう。

開場前の周辺駐車場がスゲエことに!

 めいほうスキー場は岐阜県の山奥にあるため、コンビニなんてありゃしない。なんてったって、一番近いコンビニは25km先。ガソリンスタンドもまばらだ。そんなわけで、最寄りの郡上八幡インター近くのコンビニやガソリンスタンドには、痛車がチラホラいた。

 そして、会場から50分ほど離れたところにある道の駅「明宝」は、開場3時間前から待ち合わせをする痛車が! とはいえ誰が言ったでもなく、一般車とは離れた場所に駐車しているのが、なかなか紳士的だ(笑)。

道の駅 明宝には、開場3時間前から痛車が集まって仲間と待ち合わせしていた

 さらに車を進めると、こんな集団がっ!

痛チャリチーム発見!

 なんと痛チャリ軍団が自力で会場に向かってるじゃネーかっ! 話を聞いてみると、京都からチャリをこいで来たということだ。スゲー気合っ!

 さらに途中のパーキングにも、痛車がっ!

会場に近づくにつれ、痛車の数もどんどん増えていく!

 会場近くの日帰り温泉では、夜通し行なわれるイベントに向けて、ひとっ風呂浴びているオーナーさんたちもいた。

日帰り温泉に入り、開場を待つ痛車軍団
会場から5分ほど離れた場所は、こんなにも山の中

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社