このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー ― 第14回

システム手帳と一緒にいかが? 高機能ミニノート 工人舎SK

2009年07月10日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 工人舎のタブレット型ミニノートに、300万画素のオートフォーカスカメラを搭載した「SK3KX06GA」(以下SK)がお目見えした。7型液晶ディスプレーを搭載したコンパクトなボディーに、GPSやワンセグも内蔵した高機能モデルだ。実売価格は6万9800円とネットブック並み。システム手帳にも変身する注目モデルを早速レビューしてみよう。


細かいところまで作り込まれたギミック満載のボディ

工人舎「SK3KX06GA」 工人舎「SK3KX06GA」。写真右側に見えるアンテナは、ワンセグ用のロッドアンテナ

 まずデザインを見てみよう。シルバーとブラックのツートンカラーのボディーは、ポータブルDVDプレーヤーを思わせる。ブラックの部分はピアノ調の塗装で高級感を醸し出す。コンパクトなデジタルギアにふさわしく、すべてのパーツが小さく詰め込まれている。

 まずは液晶ディスプレーをチェック。サイズは7型ワイドで、解像度は1024×600ドット。デスクトップアイコンの「マイネットワーク」の表示幅で見ると、約11mmと小さい。机の上で顔を近づければ問題ないが、視力によってはディスプレーから目を離して作業する際に文字が判別しにくいだろう。ちなみに21型のフルHD液晶ディスプレーでは、「マイネットワーク」の文字幅は約21mmと約2倍ほど。

 液晶パネルは光沢タイプで、外光の映り込みは強い。とはいえ、くっきりとした表示なので、視認性は問題なし。視野角も広く、複数人でワンセグ放送を視聴するのも可能だ。

 ディスプレー部は回転でき、ピュアタブレットスタイルにもなる。タッチパネルは付属のスタイラスペンで操作するが、指先でも反応する。電車の中でメディアプレーヤーとして楽しむなら、タブレットスタイルがおすすめ。iPhone3つ分の画面サイズは迫力がある。

液晶ディスプレー部は回転する タブレット状態
液晶ディスプレー部は回転し、タブレットスタイルにできるタブレット状態。付属のスタイラスペンは本体の右後ろに収納されている

 本体の重さは約720gと、7型ワイドサイズのミニノートでは最軽量クラス。そのうえ、130kgfの静耐荷重テストもクリアし、安心して鞄の中に入れておける。タブレットスタイルなので1ヵ所のヒンジで液晶ディスプレー部を支えているが、剛性感は高く気軽に扱えるのもうれしいところだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン