このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

富士の風になるんだ!

気分はF1マシン! タイヤ転がしGPにASCII.jpが出場!

2009年06月29日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

また我々は帰ってきた! FSWに!

 今年1月に富士スピードウェイ(以下、FSW)でスーパーママチャリGP(関連記事)が開催されてから、はや半年。再びFSWにて世にも珍しいグランプリが幕を開けた。

またここに戻ってくることになろうとは……

 28日にフォーミュラニッポンのサポートレースとして開催された「タイヤ転がしGP」である。ホンモノのF1タイヤを使って、人力でFSWのホームストレートを駆け抜けるレースだ。そんな面白そうなイベントがあるなら放ってはおけない。ママチャリGPにも出場したASCII.jp編集部は、再びFSWで戦うことを決意した。

 タイヤ転がしGPは6人1チームで競う。編集部からは、筆者末岡、佐久間、AMWの商品部から望月部長、「都庁前iPhoneクラブ」からはカリーとニッシー、そしてチャリンコ系ライター樋山氏(本業はテクニカル系ライター)という布陣で挑んだ。

左からニッシー、佐久間、望月、カリー、樋山、末岡

 なお、イベント当日は早朝の集合だったのだが、佐久間はヱヴァのレイトショーを見てから来るわ、カリーは連日の「iPhone 3GS」関連の記事で一睡もしてないうえにコスチュームのマスクを忘れるわ、ニッシーは7時半の集合なのに7時20分に起きるわ、散々なグダグダっぷり。樋山氏は前日の20時にオファーをしたにもかかわらず、クルマの点検をやめてまで参加してくれた。しかし、長袖着用というレギュレーションを説明していなかったので、半袖で来てしまった。だが、編集部になぜか白衣があったので、これを着てもらうことで「レギュレーション違反で失格」は回避された。

 FSWに着くとすぐにカートコースに向かった。ここで、事前の説明や練習走行(?)があったのだ。出場チームはASCII.jpチームを含めると全部で11チーム。優勝すれば賞金とタイヤ一式がもらえるとあって、どのチームも本気モードだ。我々はメディアなので賞典外なのだが、ガチでやりあっても勝てる気がしない……。

庭師!? 見るからに強そう&速そうだこれが今回使用されるF1タイヤ。このイベントのために、ブリヂストンが新品を用意してくれた
ミゾ入りがレインタイヤ。今日は雨の予報だったのでみんなこちらを使いたがったが、残念ながらくじ引きで決められたこちらはドライ用のスリックタイヤ。ASCII.jp編集部はこのタイヤだったんだが、残念ながらタイヤチョイスを失敗したようだ

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社