このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

先行予約なら7777円!? Windows 7の価格が発表

2009年06月26日 12時38分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 7(製品候補版)の画面

 マイクロソフト(株)は26日、「Windows 7」のパッケージ製品構成と価格を発表した。またあわせて、Windows VistaやVista搭載パソコン購入者向けの優待アップグレードキャンペーンも同日より開始された。パッケージ製品の価格はオープンプライス。

優待アップグレードキャンペーンの対象となる、Windows Vistaのパッケージ 優待アップグレードキャンペーンの対象となる、Windows Vistaのパッケージ
Windows 7への優待アップグレードキャンペーンの対象となる、Windows Vistaのパッケージ見本(写真左)。パッケージ右上に赤いシールが貼られている

Home Premiumが1万5800円から

 発表されたWindows 7パッケージ製品の種類と予想実売価格は以下のとおり。上位のエディションは下位のエディションの機能をすべて含む。なお、各エディションの違いについては関連記事を参照のこと。

Windows 7 Home Premium 通常版 2万4800円
アップグレード版 1万5800円
Windows 7 Professional 通常版 3万7800円
アップグレード版 2万5800円
Windows 7 Ultimate 通常版 3万8800円
アップグレード版 2万6800円

 アップグレード版は既存のWindowsユーザー向けの製品パッケージで、対象となるOSはWindows Vista/XPの全エディション(ただし、Windows XP環境にアップグレードインストールはできず、常に新規インストールとなる)。また、Windows 7には上記以外にも、ネットブックなど低価格パソコン向けの「Windows 7 Starter」と、大規模ビジネスユーザー向けの「Windows 7 Enterprise」のエディションが日本市場向けに提供される。しかし、Starterはパソコンメーカー向け限定、Enterpriseはボリュームライセンス向けのみで提供されるため、パッケージ版は用意されない。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン