このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

自作erがレビューする「Mac Proってどうよ?」

2009年06月17日 23時30分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mac Pro
Mac Pro

 Mac Proと言えば、シルエットが美しく、肉厚なアルミボディが印象的なデスクトップ型Macだ。普段Windowsを使っているユーザーの中にも筐体に「憧れ」を持っている人もいるだろう。

 残念ながらWindows PCでは、ここまで凝ったデザインの筐体は見かけない。最近ではゲーマー向けと称して凝ったデザインのPCケースは増えているが、Mac Proと比べると一歩も二歩も及ばないのは、実物を見れば一目瞭然である。

 ということで、普段Windows系自作PC記事を担当している筆者に白羽の矢が立った。本記事では「じゃあ、いっそのことMac Proを買ってしまえばいいんじゃない?」という趣旨で、Mac Proを「自作er」(ジサッカー)的な視点でレビューしていこう。


35万という価格は、そんなに高くない?

E5520
Macも「インテル入ってる」の時代。写真はMac ProのXeon E5520

 Windows一徹で、Macのトレンドをまったく追っていない人なら、「そもそもMac ProにWindows入れて動くの?」という疑問を持つかも知れない。

 数年前、Macの頭脳がモトローラ(IBM)からインテルに変わったことで、すでにMacはWindowsマシンとしても使えるようになっている。「Boot Camp」というユーティテリィが標準で付属しており、Windows XPまたはVistaのインストールディスクさえ用意すれば、Mac Proをハイエンドな自作PC、いやWindows PCとして使うことができるのだ。

 Mac Proを自作PCユーザーが使う意味は、手軽かつ比較的安価にデュアルCPUとなるXeonプラットフォームを手に入れられるところにある。Mac Proのスペックについては後述するが、自作PCでMac Proと同等のスペックを実現しようとすると……

パーツ名 価格
CPU Xeon E5520 2個で11万円
マザーボード Supermicro X8DAH+-F 8万円
メモリー 1GB×6枚 1万6000円
ビデオ GeForce 9500 GT 1万円
HDD 640GB 9000円
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ 5000円
電源 1000W電源 3万円
ケース アルミ製 3万円

 最低これくらいの投資は必要となり、この時点で合計29万円だ。

 しかし実際は、Mac Proの標準構成に含まれる要素を追加すると、軽く30万円を超えてしまうだろう。具体的には、アルミ製のキーボード「Apple Keyboard」やマウス「Mighty Mouse」(ともに6400円)、Bluetooth 2.1対応のモジュール、IEEE1394b(FireWire800)対応カードといったパーツだ。Mac ProのApple Store価格は35万8800円だが、送料無料ということを考えると、決して高くない。

 何より、このデザインのPCケースは市場で手に入らない。肉厚なアルミ板をここまで贅沢に使用しているPCケースは、Mac Proを買う以外、入手する方法はないのだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社