このページの本文へ

$299のNetbookにオールインワンPCまで

HPが最新モデルを北京のイベントで発表!

2009年05月28日 02時13分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノートからシンクライアントまで

 米ヒューレット・パッカードは27日、自社の新製品発表を兼ねたプライベートショー「Touch the future.Now.」を中国・北京で開催した。

 ここで発表されたのは、コンシューマー向けが6種類、ビジネス向けが3種類。内訳はノートが3種類で、デスクトップが6種類である。

 コンシューマー向けとなるのは、AMD Athlon NEOデュアルコア・プロセッサーで武装したノートPC「HP Pavilion dv2」、なんと最低価格299ドルのNetbook「HP MINI 110」、新デザインのデスクトップを「Compaq Presario CQ3000」「HP Pavilion Slimline s5000」「HP Pavilion Elite e9000」の3種類と、一見「モニター?」と思わせる全部入りオールインワンPC「HP Pavilion MS200」の6機種。

「Compaq Presario CQ3000」 プレサリオって懐かしい名前ですな「HP Pavilion Slimline s5000」 文字通りかなりスリムなので、日本の住宅事情に合いそう
「HP Pavilion MS200」 このディスプレーの中に男の夢が……いや、PCに必要なすべてが詰まっている!

 ビジネス向けには、テンキー付きフルサイズキーボードと16:9のワイド液晶ディスプレーを備えたノートPC「HP ProBook」シリーズ、省電力かつ80%がリサイクル可能なグリーンPC「HP dx2810 Special Edition」、クラウドベースで従来のPCよりも60%のエネルギー消費を削減できるシンクライアント「HP t5730w」の3機種が新登場する。

「HP ProBook」 スペックもいいけど、デザインもかなりスタイリッシュで洗練されている
「HP dx2810 Special Edition」 世界自然保護基金「WWF」とのコラボレーションから生まれたエコPC。笹の葉が前面に描かれており、このPCの購入代金には募金分が含まれている

 この発表会は、アジア・パシフィック地域を対象としているため、残念ながらすべてが日本で発売されるとは限らないが、特にNetbookは日本でヒットしそうな予感。ノート、デスクトップを問わず、どのPCも黒色をベースに、ダウンサイジング、省スペース化がされており、日本の住宅事情でも安心して使えそうだ。

「HP MINI 110」 MINIシリーズはつい先日「Vivienne Tam」とコラボレーションして、女性向けPCをリリースしたが、これも女性に受けそうなデザインというか、女性が持っていると似合いそうだ

 各PCの詳細・スペックなどは、開発者インタビューも交えて追ってレポートする。

カテゴリートップへ