このページの本文へ

ライブドア、ブルーカレントと「インフルエンサー・マーケティング」事業で業務提携

2008年07月16日 03時23分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ライブドア(出澤 剛社長)とブルーカレント・ジャパン(本田哲也社長)は、「インフルエンサー・マーケティング」事業で業務提携し、PRソリューション「ライブドア・インフルエンサー・プログラム」を共同で開始する。

 このサービスは、ライブドアが運営するブログサービス「livedoor Blog(ライブドアブログ)」の260万人のブロガーネットワークと、米オムニコム傘下のインフルエンサー・マーケティング専門会社ブルーカレントのノウハウを融合したクチコミ促進プログラム。

 具体的には、260万人が属するライブドアブログから顧客企業の販促目的に沿って、影響力の大きいブロガーを37ジャンル・236カテゴリから選出し、商品サンプルの提供やPRイベントへの参画依頼を行うことで、ブログ記事の執筆を促す。ライブドアは主にシステムの運営、ブルーカレントはブロガーへのアプローチやマスメディアPRとの連動施策など、ソフト面のノウハウを提供する予定。

 販売はブルーカレントが担当し、すでにエンターテインメント・消費財・化粧品業界などで5~6社の導入が決定していると報告している。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く