このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

一番の注目は断然Android -ドコモ夏モデル

2009年05月20日 16時49分更新

文● ヤシマノブユキ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2009年の夏商戦に向け、ドコモが発表した携帯電話機。合計18機種と例年に比べてモデル数は少ない。しかし機種を絞り込んだぶん、発表された端末はどれも厳選されたものばかり。少数精鋭という印象を強く受けた。

HT-03A ドコモの春モデルで注目は何と言ってもこれ。海外ではHTC Magicとして販売されている「HT-03A」

 ただし今回の注目は何と言ってもAndroid搭載のGoogleケータイ「HT-03A」。説明会場でも人とカメラの集まり方がまったく違っていた。というわけで、まずHT-03Aのフォトレポートをお届けする。

国内初登場のAndroid端末は
タッチパネルタイプ

 Androidの初号機「T-Mobile G1」(HT-03Aと同じくHTC製)は、QWERTYキーボードが付いているタイプだったが、今回日本で登場した「HT-03A」はタッチパネルで操作するタイプの端末である。海外では「HTC Magic」として一部地域で発売されている。

背面ロゴ 背面には「with Google」のロゴと320万画素カメラを搭載。ここにはHTCのロゴもある。前面にはNTTドコモのロゴも
トラックボール
前面下部中央の白い部分が樹脂製の「トラックボール」。ウェブブラウザーのスクロールやリンクのクリック、項目選択時のフォーカス移動や決定など、クリクリ回してほとんどの操作を行なえる。感度と反応も良好だ

 タップする場所によっていろんな機能があって楽しい。たとえば、画面下部中央のタブを上に引っ張り出すとアプリの一覧を閲覧できる。待受画面を左右にはじくと左右の待受画面に切り替わる。さらに上部の通知領域をタップすると通信状態を確認できる。キーボードがないので、手に持った感じは軽い(約123g)。

アプリ一覧 メイン画面中央下の出っ張り(タブ)を引っ張ると、アプリの一覧が表示される。Android Marketに行くと、すでに数多くのゲームやアプリが登録されている

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART