このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 ― 第8回

Vistaよりも軽い! Windows 7の性能をベンチで検証

2009年05月19日 18時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows Vistaの後継として開発が進む次期OS「Windows 7」。Vistaは、Windows XPに比べて多くの機能が強化された反面、動作が重く、CPUやメモリーなどのリソースを多く必要とするという問題があった。Windows 7はVistaをベースに開発されたOSだが、不要なサービスを停止したり、ドライバーを改良するなど、さまざまなチューニングを施すことで、ネットブックのような非力なパソコンでも、Vistaよりも軽快に動作することが利点のひとつとされている。

 そこで本稿では、統一した環境でWindows 7 Ultimate RC版(製品候補版)、Windows Vista Ultimate SP1、Windows XP Professional SP3の3世代のOSをインストールし、さまざまな角度からそのパフォーマンスを検証してみた。

テスト環境

 テスト環境は下記表のとおり。CPUがCore 2 Duo E6600(2.40GHz)、メモリーは2GB、グラフィックス(以下GPU)はRadeon HD 3650と、現在の水準では中の下くらいの構成だ。HDDはOSインストール用にHGST「HDT725032VLA360」(320GB)を、ファイルコピーテストのデータ保存用としてWestern Digital「WDF10EADS」(1TB)を用意した。
 OSの種別は、Vistaと7がUltimateで、XPがProfessional。すべて32bit版である。グラフィックドライバーは、すべてのOSで最新の「Catalyst 9.4」を導入。Windows Updateなどはすべて適用した状態でテストしている。

テスト環境の主なスペック
CPU Core 2 Duo E6600(2.40GHz)
マザーボード ASUSTeK P5B
メモリー 2GB(DDR2-800 512MB×4)
グラフィックス ATI Radeon HD 3650(メモリ256MB)
グラフィックスドライバー ATI Catalyst 9.4
HDD 320GB SATA(HGST「HDT725032VLA360」)、1TB SATA(Western Digital「WDF10EADS」)
OS Windows 7 Ultimate RC、Windows Vista Ultimate SP1、Windows XP Professional SP3(いずれも32bit版)

Windowsエクスペリエンスインデックスとメモリー使用量

 まず最初に、参考のためにVista SP1とWindows 7 RCでのWindowsエクスペリエンスインデックスを計測してみた(表1)。Windows 7 RCのほうがプロセッサーやプライマリHDDのスコアが高くなっているが、Vistaではインデックスの最高値は5.9であったのに対して、Windows 7では最高値が7.9に変更されているため。数値の高低を直接比較はできない。

表1 Windowsエクスペリエンスインデックス
Windows 7 Vista SP1
プロセッサ 5.7 5.3
メモリー 5.5 5.6
グラフィックス 5.9 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.2 5.5
プライマリハードディスク 5.7 5.6

 次に、起動直後(ほかにアプリケーションを実行していない状態)でのメモリー使用量を、タスクマネージャーで比較してみた。

Windows 7 RCの起動直後のメモリー使用量 Vistaの起動直後のメモリー使用量 XPの起動直後のメモリー使用量
Windows 7 RCの起動直後のメモリー使用量は489MBで、空きメモリーは1409MBVistaの起動直後のメモリー使用量は616MBで、空きメモリーは1149MBXPの起動直後のメモリー使用量は244MBで、利用可能メモリーは1764MB

 Vistaは起動直後でも616MBのメモリーを使用しており、アプリケーションが利用できる空きメモリーは1149MBしかないのに対し、Windows 7では起動直後のメモリー使用量が489MBに減っており、空きメモリーは1409MBとなっている。さすがに、古いOSであるWindows XPは244MBしかメモリーを使用していないが、Vistaに比べるとWindows 7は、より少ないリソースで動作していることがわかる。

起動直後のメモリー使用量
起動直後のメモリー使用量(単位:MB)

 Vistaの場合、メモリーが1GBではかなり動作が重く、イライラすることが多かったが、Windows 7なら、1GB以上に増設できないネットブックなどでもVistaより快適に動作しそうだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART