このページの本文へ

Xeon 5500搭載サーバ&ワークステーション大集合 ― 第8回

5年前の1Uサーバ230台を1シャーシに置き換え可能!

富士通、36基のXeon 5500を搭載可能なブレードサーバ

2009年05月13日 14時15分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は5月12日、インテルの最新CPU「Xeon 5500番台」に対応するブレードサーバ「PRIMERGY BX900」を発表した。PRIMERGY BX900は、10Uサイズのシャーシに18枚のブレードを収容可能なブレードサーバで、最大構成時は36CPU(144コア)、1.29TBメモリ、ギガビットEthernet×216ポートとなる。出荷は7月末の予定。

富士通のハイエンドブレードサーバ「PRIMERGY BX900」

 シャーシの「PRIMERGY BX900 S1」は、ブレード18枚に加え、電源ユニット×6、コネクションブレード×8を収容できる。また、シャーシ内のバックボーンであるミッドプレーンに「10ギガビットシリアル伝送技術」を採用しており、6.4Tbpsの伝送能力を実現。同社によれば、これにより10GbEに続く高速Ethernet技術である40GbEへの対応も可能になるという。価格は68万円から。

 コネクションブレードには、10GbEを内部に18ポート、外部に8ポート搭載する「PRIMERGY スイッチブレード(10Gbps 18/8)」などが用意される。

 また、サーバブレードの「PRIMERGY BX920 S1」は、Xeon 5500番台を最大2基、メモリを最大72GB(8GB×9)搭載可能なブレード。標準でギガビットEthernet×4ポートを搭載するが、オプションでギガビットEthernet×8ポートか10GbE×4ポートを追加できる。

 モデルについては、Xeon X5570/E5540/E5520/E5504/E5502対応タイプ、そして省電力版Xeon 5500番台であるL5506に対応するタイプを用意。それぞれ、

  • Windows Server 2008 Standardバンドルタイプ(5CAL付き)
  • Windows Server 2008 Enterpriseバンドルタイプ(25CAL付き)
  • Linuxインストール代行サービスバンドルタイプ
  • ディスクレスタイプ

などが提供される。価格は、1GBメモリと73GB HDD搭載のWindows Server 2008 Standardバンドルタイプで31万2000円から。1GBメモリ搭載のディスクレスタイプが20万2000円からなど。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ