このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ ― 第3回

WindowBlindsで見たことのないデスクトップを実現

2009年05月13日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「WindowBlinds 6」でカスタマイズしたWindows XPデスクトップの例
「WindowBlinds 6」でカスタマイズしたWindows XPデスクトップの例。ここまで変わるとWindows XPには見えない

 市販のデスクトップカスタマイズソフトを使うと、標準的なデスクトップとはまったく違う、ディープなデスクトップカスタマイズが可能になる。中でも、この分野では老舗メーカーである米Stardock社の「WindowBlinds 6」は完成度が高く、ユーザーも多いので多数のスキンが公開されている点も魅力的だ。今回はこのWindowBlinds 6を使ってカスタマイズしてみよう。

この機能はWindows Vista/XPでお使いいただけます。


美麗なデスクトップデザインを
さらにカスタマイズできる

 Visual Style以外のデスクトップカスタマイズソフトとしては、最も知名度の高い「WindowBlinds」シリーズ。以前はフリーウェアだったが、現在は有料版のみとなっている。WindowBlindsは「スキン」と呼ぶデータを元に、スタートメニューやタスクバー、ウインドウなどのデザインを根こそぎカスタマイズできる。ソフトには6種類のスキンが同梱されているほか、ネット上にはユーザーが作成した大量の作品が公開されている。

 WindowBlinds 6は海外で開発されたソフトだが、日本では(株)サイバーフロントが販売している(ベクター等ではダウンロード形式でも販売されている)。購入サイトからソフト、マニュアルまで、完全に日本語化済みだ。

 WindowBlindsの一番の特徴は、スキンを適用する際に、色や透明度などをカスタマイズできる点にある。さらに、ファイルをコピーする際のアニメーションやInternet Explorerのボタンも変更できるなど、Visual Styleよりも多岐に渡るカスタマイズを楽しめる。

 まずは、デフォルトのスキンを適用するまでの手順を紹介する。

WindowBlinds 6のメイン画面 「基本設定」から「スキン設定」を選んで
WindowBlinds 6のメイン画面。タブでカスタマイズ項目を切り替えられる「基本設定」から「スキン設定」を選んで「Dragon」を選択。「変更を適用」をクリックしてみる
しばらく待つと…… スキンが適用された
しばらく待つと……スキンが適用された。スタートメニューの上にいるドラゴンは火を吐いている。静止画ではなくアニメーションなのに驚く

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

デル株式会社