このページの本文へ

インテル「Pentium Dual-Core E6300」

FSB1066MHz対応の「Pentium Dual-Core E6300」が販売開始

2009年05月10日 12時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製CPU「Pentium Dual-Core」ブランドとしては、初のFSB1066MHz対応モデルとなる「Pentium Dual-Core E6300」の販売が本日よりスタートした。

「Pentium Dual-Core E6300」インテル製CPU「Pentium Dual-Core」ブランドとしては、初のFSB1066MHz対応モデルとなる「Pentium Dual-Core E6300」

 同製品は、従来FSB800MHzだった「Pentium Dual-Core」シリーズとは異なるFSB1066MHzを採用。クロック周波数は2.8GHzで、従来の最上位モデル「Pentium Dual Core E5400」(2.7GHz)より100MHzアップ。L2キャッシュは2MBとなる。価格および販売ショップは以下の通りだ。

CPU スペック
45nmプロセス、クロック周波数2.8GHz、L2キャッシュ2MB、TDPは65Wとされる。S-specは「SLGU9」
価格ショップ
「Pentium Dual-Core E6300」
¥8,880ドスパラ秋葉原本店
¥9,070フェイス本店
¥9,080TWOTOP秋葉原本店
¥9,380ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
¥9,400アーク
¥9,450T-ZONE.PC DIY SHOP
¥9,570ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社