このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

BASARA者どもが日比谷に集結

新企画の発表も行われた「バサラ祭2009~春の陣~」開催!

2009年05月05日 18時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2009年4月からはアニメの放映も開始され、女性を中心に大ヒット中の「戦国BASARA」のファン感謝イベント「バサラ祭2009~春の陣~」(以下、バサラ祭)が、5月2日に日比谷公会堂で開催された。2007年10月以来(2007年は「バサラ祭2007~冬の陣~」)、1年半ぶりとなる。

 今回のバサラ祭には、中井和哉さん(伊達政宗役)、森田成一さん(前田慶次役)、森川智之さん(片倉小十郎役)、石野竜三さん(長曾我部元親役)、中原茂さん(毛利元就役)、大川透さん(徳川家康役)、藤原啓治さん(松永久秀役)の7人に加えて、司会役としてゲーム中ではナレーションを担当する渡辺英雄さん、そして、同ゲームのプロデューサー小林裕幸さんの2人の合計9人が舞台に登場して、舞台を盛り上げた。

オープニングアクトを飾った“chanbaraプロジェクト”は、和太鼓のリズムに合わせて、殺陣を披露した
出演者の名前が読み上げられるごとに会場からは大きな歓声が上がっていた。写真左より、藤原啓治さん、中原茂さん、森川智之さん、中井和哉さん、石野竜三さん、大川透さん、森田成一さん

会場は女性ファンで
大盛り上がり

 “chanbaraプロジェクト”による華麗なる殺陣に続いて7人の声優たちがステージに姿を見せると、会場を埋め尽くした約2000人の女性たちからは黄色い歓声が沸きあがり、バサラ祭がスタートした。

 イベントは、ゲームやバサラ祭に関するトークで盛り上がりをみせた。トークに続いて先日発売された「戦国BASARA バトルヒーローズ」のオープニングムービーが上映。次に、出演する声優たちの演じる武将のご当地名産品をかけた「戦国BASARA バトルヒーローズ」を使ったゲーム大会を実施した。

 今回のゲーム大会はバサラ祭ということで、出演者同士がタッグを組んでトーナメント戦を行なうというもの。チームは、中井・森川組、石野・中原組、大川・森田組、最後に残った藤原・小林組の4チームが用意された。対戦は、3分間の自由合戦モードを使って行なわれることに。

トークでは、“楽屋に入ったらみんなPSPで「戦国BASARAヒーローズ」を練習していて、練習しなくちゃいけない気持ちになった”や”会場入りの際に日比谷公会堂と日比谷野外音楽堂をタクシーの運転士が間違えた”といった話を身振り手振りを交えて披露した
ご当地グルメ争奪!チームトーナメントのために、出演たちは、全員ゲームの練習をしてきたとのこと。そのなかでも、片倉小十郎役の森川さんは、六段を取得したとトークで語っていた

 トーナメント1回戦、中井・森川組、石野・中原組は、中井・森川組が勝利。続いて、大川・森田組、藤原・小林組の対戦に移ろうとしたところで、PSPにトラブルが発生。スタッフが修復に全力を挙げる間、出演者たちがトークで場を繋いだが、努力むなしく復旧はならず、「戦国BASARA バトルヒーローズ」の使用をあきらめて、じゃんけんによる勝負となった。

 じゃんけん対決を制したのは、同作品をほとんど練習していなかったという藤原さんと、小林プロデューサーの組。優勝した2人は、前田慶次のゆかりの北陸の“コシヒカリ”と伊達、片倉の2キャラの名物“牛タン”を持ち帰った。

チーム分けが発表されると、練習をして身につけた基本的動作は「打つ、打つ、打つ」と話した中原さんと組むことになった石野さんからは、チーム変更を希望する声も……
第1回戦は、PSPも無事に動き「戦国BASARA バトルヒーローズ」で対戦。大方の予想を覆すことなく、伊達政宗役の中井さんと、片倉小十郎役の森川さんの主従コンビが見事勝利を収めた
2回戦に挑む真田幸村役の森田さんと、徳川家康役の大川さんの2人は座り込んでやる気満々の様子だったが……PSPの不調で、スタッフが調整する間、時間の関係でトークをカットされてしまった森田さんがオープニングから仕込んでいた“ゲームだこが潰れた”というネタをようやく披露して、会場を微妙な空気に染めていた
急遽じゃんけん大会に変更になったチームトーナメント。勝ち続けた松永久秀役の藤原さんと小林プロデューサーが最後まで勝ち残って優勝!
優勝賞品を選ぶために画面にかぶりつく藤原さんの周りには自分がほしいものをささやく出演者たちが集まってきたが、選んだものはコシヒカリ小林プロデューサーもちゃっかり、牛タンをコール。目録授与する際には、横から忍び寄る中原さんの影が……

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社