このページの本文へ

TechNetとMSDNでは4月30日から

Windows 7のRC版、5月5日一般提供へ

2009年04月27日 18時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マイクロソフトは、次期デスクトップOS「Windows 7」のRC版(リリース候補版)の一般公開を5月5日(米国時間)に開始すると発表した。対象となるエディションや言語については、公表されていない。

 また、システム管理者向けプログラム「TechNet」と開発者向けプログラム「MSDN(Microsoft Developer Network)」の会員向けには、一歩早い4月30日(同)に提供される。

製品提供へ向けて情報提供の準備が進むマイクロソフトのWindows 7サイト

 1月9日に始まったWindows 7のベータ版提供では、同社のWebサイトでシステムDVDのISOイメージが公開されたが、ダウンロードにはWindows Live IDによる認証が必要だった。詳細は公表されていないが、今度のRC版も同様の手順になると思われる。

 なお、Windows Vistaの時には、RC1公開(2007年9月1日)から2ヵ月後の11月9日にRTM(Releases to Manufacturing)となり、11月30日にボリュームライセンス版の提供が開始。翌年1月30日にパッケージ版の販売が始まっている。Windows 7も同様のスケジュールとすれば、7月末にボリュームライセンス版、9月末にパッケージ版の販売となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ