このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第77回

格安な新CPU「Athlon X2 7850 Black Edition」のスペックに迫る

2009年04月28日 13時01分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは2009年4月28日、Socket AM2+に対応するデュアルコアCPU「Athlon X2 7850 Black Edition」(以下X2 7850 BE)を発表した。店頭では、4月29日に発売が開始される予定で、店頭予想価格は8000円前後とされている。

Socket AM2+に対応するデュアルコアCPU「Athlon X2 7850 Black Edition」。OPNは“AD785ZWCJ2BGH”

 今回発表されたX2 7850 BEは、Athlon X2 7000シリーズの最上位となる製品だ。Athlon X2 7000シリーズは、開発コードネームKumaと呼ばれていたデュアルコアCPUで、Phenomシリーズと同じK10アーキテクチャを採用している。プロセスルールは65nm SOIであり、Phenom X4やX3のデュアルコア版として位置づけられる。Socket AM2+対応で、メモリはDDR2-1066までのサポートとなる。

CPUスペック
モデルナンバー Athlon X2 7850 BE Athlon X2 7750 BE
対応CPUソケット Socket AM2+ Socket AM2+
ステッピング B3 B3
製造プロセス 65nm SOI 65nm SOI
コア数 2 2
動作クロック 2.8GHz 2.7GHz
HTクロック 1.8GHz 1.8GHz
2次キャッシュ 512KB×2 512KB×2
3次キャッシュ 2MB 2MB
TDP 95W 95W
対応メモリ DDR2-1066 DDR2-1066
店頭価格 8000円前後 8900円前後(発売当時)

 昨年12月に登場したAthlon X2 7750 BE(以下X2 7750 BE)は、Athlon X2 7000シリーズの初の製品であり、動作クロックは2.7GHzであった。今回追加されたX2 7850 BEは、動作クロックが100MHz向上して2.8GHzとなっているが、それ以外の仕様は変わっていない。また、Black Editionという名前が付いていることからわかるように、クロック倍率は固定されておらず、FSBクロックを変えずにクロック倍率を上げることでのオーバークロック動作が可能だ。Athlon X2 7000シリーズは、Athlon X2シリーズの中では最上位となるが、実売価格が1万円未満で、コストパフォーマンスが高いことが魅力だ。

「Athlon X2 7850 BE」(Cool'n'Quiet有効時)のステータス。クロックは定格の半分の1.4GHzまで落ちている「Athlon X2 7850 BE」(Cool'n'Quiet無効時)のステータス。フルスピードのクロックは2.8GHz

ベンチマークテスト構成

 それでは、Athlon X2 7000シリーズの最新モデルX2 7850 BEの性能を早速検証してみたい。テスト環境は以下に示したとおりで、比較用としてX2 7750 BEも用意した。なお、テスト環境は、「Phenom II X4 955 Black Edition」レビューでのSocket AM2+環境と同じなので、そちらを参照していただければ、Phenom II X4 940 BE(価格帯は大きく異なるが)との性能差も比較できる。

テスト環境
CPU Athlon X2 7850 Black Edition(2.8GHz)
Athlon X2 7750 Black Edition(2.7GHz)
マザーボード MSI「DKA790GX Platinum」(AMD 790GX/DDR2)
メモリー DDR3 800 1GB×2
ビデオカード ATI Radeon HD 4870(メモリ512MB)
HDD Western Digital「WDF10EADS」(1TB Serial ATA)
OS Windows Vista Home Premium SP1(32bit)
グラフィックドライバ ATI Catalyst 9.4
「Athlon X2 7850 BE」のリテールクーラー
Socket AM2+対応のMSI製マザーボード「DKA790GX Platinum」。チップセットはAMD 790GXを搭載している

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中