このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第70回

iidaで革新性から調和へ進化するケータイ

2009年04月25日 13時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Mobile Pico Projector
【今週の1枚】G9のワンセグ映像を映し出すMobile Pico Projector。同じデザイナーが作り出した2つのプロダクトが連携する様は、見ても使っても心地よい。iidaの目指す感性に訴えるケータイの一端が見え隠れする瞬間である

 4月7日にアートの街としてすっかり定着した六本木で、auの新しいデザインケータイブランド「iida」が発表された。iidaとは、ブランドを形成する4つの要素「innovation」「imagination」「design」「art」の頭文字から付けられたという。

 これまでケータイにプロダクトデザインや多彩なサービスを取り込んできたauは、ケータイの近未来をどのようにデザインしていくのか。KDDI株式会社サービス・プロダクト企画本部プロダクト企画部の松井伴文氏にお話を伺った。

「design project」から「iida」は
進化なのか?

KDDI 松井氏
KDDI 松井氏
iida

 まず話が聞きたかったのは、なぜこれまでのau design projectではなくiidaなのかという点だ。au design projectはすでに、プロダクトデザイナーと連携して、ケータイのデザインをテクノロジーをともないながら革新させることに成功している。

 一方で、チームラボなどが参加したインターフェイスデザインや、ヤマハとコラボレーションした「ガッキ ト ケータイ」(関連記事)でのインタラクションデザインなど、デザイン領域をプロダクトからさらに拡大する動きを見せ、どれもユニークな提案だったといえる。

 そのような動きがありながら、なぜブランドが変わったのか。

 「iidaの立ち上げは1年前にさかのぼります。これまでケータイの端末作りを通じてユーザーとコミュニケーションを取ってきましたが、市場環境もあって、お客さんを振り向かせるのは難しくなってきました。そのような状況で、ユーザーの中にはケータイの機能はもう十分なので、ライフスタイルやプロダクトのデザインを重視するという指向が再び現れてきました。

 これまでも、au design projectで注目され、デザインがよいケータイとして評価されてきました。しかし昨今は必ずしもデザインをうたっていない端末も、(design projectと)近いレベルにまで達してきました。そこでもう一度デザインに注力し、一歩抜け出すためにiidaというブランドを立ち上げることにしました」(松井氏)

 iidaというプロジェクトには、au design projectの「ガッキ ト ケータイ」で見たプロトタイプや、ニュースタンダードシリーズも内包する。これまでのケータイをよいモノへと変えてきたauの提案が集約されたブランドがiidaなのだ。

 「au design projectは革新性を追求して、尖ったケータイを作り出してきました。もちろんその革新性のDNAは引き継ぎますが、これらに手触りや質感、使い心地、幅広い対応など、さまざまな領域を包含したカタチで発信していきたい」(松井氏)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART