ついに上陸解禁! 日本一有名な廃墟、軍艦島に行ってきた!【後編】

文●伊藤 真広

2009年04月19日 21時00分

 廃墟マニアの聖地として有名な“軍艦島”だが、今年の4月末より一般観光客の上陸が許可されることになった。その情報をキャッチしたASCII.jp取材班は、一足先に長崎市の協力を得て軍艦島に上陸した。

 軍艦島に上陸直後から目の前に飛び込んでくる廃墟の様子に完全に飲み込まれてしまった我々取材班(【前編】参照)は、今回長崎市が安全な通路として整備した全長220mの見学通路を見て回るべく取材を開始した。
 見学通路があるのはドルフィン桟橋から島の南端に向かう方向で、鉱員社宅や、端島小中学校付近は遠目でしか目にすることができない。とはいえ、炭鉱関連施設を間近で見られるので、これだけでも時間の流れと大自然の脅威を十分に感じ取ることができるだろう。

トンネルを抜けると……

 ドルフィン桟橋を渡り軍艦島に上陸した取材班は、見学通路を進むべくトンネルへと進入した。長崎市によると、防波堤を貫通するこのトンネルは、島が炭鉱として栄えていた時代の渡舟券売所を整備して作られたものだという。
 トンネルを抜けた先で待ち受けていた廃墟は、当時選炭施設があった所だ。炭鉱から掘り出された石炭はここで質の悪いものや残土が取り除かれ、隣の貯炭場に集められた。そしてドルフィン桟橋横の積込桟橋(【前編】参照)から船で運び出していた。

(次ページへ続く)

第1見学広場から第2見学広場へ

 さて、ここで上陸予定者にアドバイスしておこう。軍艦島に上陸する際の服装だが、長崎半島に近いとはいえ、四方は海。しかも風が強く吹くこともありえるので、女性はスカートなどは避け、ジーンズなどパンツスタイルで動きやすい服装を心がけると良い。そして、いくら整備されているとはいえ、ヒールのある靴はNG。桟橋でヒールが穴にはまったりして危険だ。見学通路はすべて打ち放しのコンクリートなので、スニーカーやウォーキングシューズなどを履いていくのが望ましい。

(次ページへ続く)

国内最古の鉄筋コンクリート造アパートが
ここにある!

 いよいよ、見学コースも大詰め。最後の見学広場となる第3見学広場へと向かう。これまでに見てきた建物は、炭鉱事業で使われていた施設の数々だ。しかし、最後の第3見学広場から見ることができるのは、国内最古の7階建て鉄筋コンクリート造アパート(30号棟)などの居住区。この島で人々が暮らしていた住居の跡だ。
 ここでは、厳しい自然環境に対応するための工夫が、その建物からも伺える。例えば、常に潮害にさらされるため、窓枠やベランダの手すり、一部の渡り廊下には鉄を使わず、木を使用していたり、台風などの強風、波浪から島を守るため、外洋に面した建物は防潮壁としての役割を負っていたり……。しかし、現在ではその多くが風化し、崩壊を始めている。

(次ページへ続く)

上陸解禁より一足早く
見学通路のすべてを動画で大公開!

 さて、写真で見どころを紹介してきたが、実際に上陸してこの目で見たいという読者も多いことだろう。すでに上陸ツアーを予約した人も、その見学通路がどのようなものか気になるに違いない。
 そこで、今月末の上陸解禁に先立ち、見学通路のすべてを収めた動画をここに公開しよう。なお、忙しい人のために3倍速で再生している。かなり映像が上下に揺れるため、人によっては酔うかもしれないことをご了承願いたい。

どうすれば軍艦島にいけるの?

 ここまで記事を読んで、軍艦島に行ってみたくなった人も多いだろう。現在国内では近畿日本ツーリストとJALツアーズが軍艦島上陸ツアーを販売している。詳しくは旅行会社のウェブサイトで確認してほしい。

船で島を一周!
海から見る軍艦島とは?

 第3見学広場に到着した我々は、来た道を戻り桟橋に戻った。すると、4月末から上陸ツアーで使用される客船が接岸訓練を行なっていた。
上陸ツアーで使用する船は、我々が乗船した漁船タイプではなく、乗り心地もよさそうな観光船。長崎市に話を聞いたところ、軍艦島に接岸可能な客船で最も大型なもので250人乗りとのこと。観光船は接岸の手順と所要時間、安全管理などが一定の水準でないと営業許可が下りないのだそうだ。もうじき上陸ツアーが解禁というこの時期にまだ訓練を続けているということは、よほど軍艦島への接岸は難易度が高いのだろう。
 我々はこの観光船に乗ることはなく、再び行きにお世話になった漁船で島を離れた。とはいえ、ただ帰るわけではない。船で軍艦島を1周し、足を踏み入れることのできない居住区や学校などの姿をその眼に焼き付けた。

(次ページへ続く)

上陸ツアーでは見えない北部の建物

取材を終えて

 廃墟マニア垂涎の軍艦島を訪れて、自然の力強さと人間の作り上げたものの儚さを感じずにはいられなかった。30数年という月日が流れただけで、まるで戦争でもあったのではないかと思わせるほど崩壊し荒れ果てた姿には恐れを抱かずにはいられない。
 上陸解禁にあたり元島民のなかには、軍艦島を観光資源化することに反対する人がいるという。過去の思い出の詰まった場所を見世物として見られたくないという気持ちもわからなくはない。
 今後、この記事を読んで島を訪れる人がいると思うが、上陸のルールは守るよう願うばかりだ。なお、島に行った際には、鳥たちの鳴き声に耳を傾けることも忘れずに。静寂に包まれた軍艦島では、生き物の鳴き声が心地よく聞こえるはずだ。

 さて、軍艦島と上陸取材はこれで終わるが、長崎市の協力により、上陸解禁後も立ち入りが禁止されている区域の写真を入手した。次ページでは、その貴重な写真を掲載しよう。

(次ページへ続く)

上陸ツアーでも見られない! 立入禁止区域の貴重な写真

写真提供:長崎市

【取材協力】

■Amazon.co.jpで購入

■関連記事