このページの本文へ

DESIGN 29分でできる! あのサイトの“技”を盗め ― 第22回

Amazonと楽天のアフィリエイトを効率化するjQuery技

2009年04月20日 10時27分更新

古籏一浩、ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 書評サイトやDVDレビューサイトなど、特定の商品を紹介するWebサイトを運営しているなら一度は検討したいのが、アフィリエイト広告の掲載です。個別の商品を紹介しているページからショッピングサイトに当該商品ページへアフィリエイトリンクを張れば、ユーザー(読者)は商品をすぐに購入できるようになり、サイト運営者はその分の報酬(紹介手数料)を手にできます。

 たとえば、多くの映画ファンが集うコミュニティサイト「映画生活」では、すでにDVDになっている映画作品のページにAmazon.co.jpと楽天ブックスへのアフィリエイトリンクを設置しています。今回は、この映画生活のサイトと同様に、サンプルの書評サイトにアフィリエイトリンクを付けてみます。

映画生活

今回のお手本サイト:『映画生活』

ユーザーによるレビュー、掲示板などのコミュニティ機能に強みを持つ総合映画情報サイト。1999年に個人サイトからスタートし、2008年まではウノウが運営。2009年1月に「ぴあ」に事業が譲渡され、今後はぴあのサービスと連携したサービス展開が計画されている。

http://www.eigaseikatu.com/


レビューページからDVD購入へと導くアフィリエイトリンク

 書籍やDVDなどを紹介するサイトで個別商品にアフィリエイトリンクを張る場合、通常はどれか1つのショッピングサイトに絞る場合がほとんどです。ところが「映画生活」では、Amazon.co.jpと楽天ブックスの両方のショッピングサイトへリンクしています。

お手本サイト
映画生活のDVDレビューページ。Amazon.co.jpまたは楽天のページから商品を購入できます

 Amazon.co.jp/楽天ブックスには、Amazonなら発送が早い、楽天なら楽天のポイントが付与される――などそれぞれによいところがあります。また、どちらか一方のサイトにしか会員登録していないユーザーなら、当然、すでに会員になっているサイトで買い物をしたいでしょう。

 このように、複数のサイトから商品を購入できる仕組みを作っておけば、実際に購入まで到達してもらえる可能性は高くなります。次ページではさっそく、この2つのサイトへのアフィリエイトリンクを設置してみましょう。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング