このページの本文へ

Xeon 5500搭載のワークステーション、NECからも

2009年04月20日 09時00分更新

文● ビジネス・ソリューション編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 続々と搭載製品が増えている、Nehalem-EP(関連記事)。NECからもXeon 5500番台を搭載したワークステーションが登場した。

SEGUENTE Express5800/56Xf
SEGUENTE Express5800/56Xf

 17日同社が発表したのは「SEGUENTE Express5800/50」シリーズのハイエンドに位置付けられる「Express5800/56Xf」。最大で48GBのメモリーと4台のHDD(SASまたはS-ATA)の搭載が可能で、CAD/科学技術演算といった用途を想定している。発売は4月20日。

 本体は、19インチラックに5Uサイズでラックマウント可能。24Uラックを使用した場合、最大で4台収納できる。

 価格は、CPUにXeon E5502(1.86GHz)、160GB HDD(S-ATA)、2GBメモリー、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro FX1700、32bit版のWindows Vista Bussinessなどを搭載したローエンドの構成で47万円。

 Xeon W5580(3.2GHz)、300GB HDD(SAS)、4GBメモリー、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro FX4800、64bit版のWindows Vista Bussinessなどを搭載したハイエンドの構成では131万1000円。


カテゴリートップへ

ピックアップ