このページの本文へ

最新鋭護衛艦「ひゅうが」が一般公開!

2009年04月17日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
こちらは弾薬を上げるためのエレベーター。1度の昇降で甲板に運べるのは台車1台となる。この台車は6台用意されている弾薬庫エレベーターの上で展示されていたのは、97式魚雷の演習用模擬弾
第一甲板上の艦首に設置されている高性能20mm機関砲(CIWS)。艦尾側は1段降りた場所に設置されており、第一甲板からは頭の部分だけを確認できた
ミサイル垂直発射装置Mk41VLSの発射口。発射管制室は、発射口の下部に設置されている
通常時は格納されている12.7mm機関銃も、この日は銃座に取り付けて展示されていた
大型のヘリも牽引可能な牽引車。護衛艦のなかで車両を運用するのは、ひゅうがが初となるリモコン操作でヘリを牽引するハンドラーという機械。牽引できるヘリはSH-60シリーズとMCH-101で、ひゅうがにはこのハンドラーが3台装備されている
米軍の空母でも使われている消防車。2台が配備されていて、ヘリが離着艦する際には必ず2台とも甲板で待機する25トンまで吊り下げ可能なクレーン車。SH-60シリーズやMCH-101の吊り下げが可能だが、実際にヘリを吊り下げたことはなく、装備品を岸壁から吊り上げるのに大活躍しているとのこと
甲板の次に見学するのは、直下にある格納庫なのだが、格納庫へ降りる階段も1人ずつしか降りられないため、降りるのを待つ人が甲板上に長い列を作っていた

艦内の格納庫へ!(次ページへ続く)

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社