最新鋭護衛艦「ひゅうが」が一般公開!

文●伊藤 真広

2009年04月17日 20時00分

 海上自衛隊の最新鋭のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)“ひゅうが”の一般公開が、4月11日に海上自衛隊横須賀地方総監部で開催された。その様子をフォトレポートでお届けしよう。

 “ひゅうが”は、同時に3機まで離発着可能な全通甲板と、護衛艦としては初の1万トンを超える排水量など、これまでの護衛艦のイメージを大きく変える画期的な新造艦だ。ほかにも、自衛隊の護衛艦としては初めて女性が従事することになり、初代乗員として17名の女性自衛官が乗艦していることや、速射砲を搭載していないことなどが、今までの護衛艦にはない特徴となっている。

「ひゅうが」性能要目(海上自衛隊 報道用資料より抜粋)
基準排水量 1万3950トン
寸法 全長 197m、全幅 33m、高さ 48m、喫水 7m
機関 ガスタービン×4基(2軸)
馬力 10万馬力
速力 30ノット(55km/h)
乗員 340名
就役日 2009年3月18日
主要装備 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
VLS装置 1式(短SAM、アスロック兼用)
魚雷発射管 2基
FCS-3 1式
対水上レーダー 1基
水上艦用ソナーシステム 1式
EW装置 1式
情報処理装置 1式
航空 哨戒ヘリコプター 3機(掃海・輸送ヘリコプター 1機)

いよいよ乗艦!(次ページへ続く)

第一甲板から見学スタート!

 まずは、ひゅうが最大の特徴でもある、ヘリが同時に3機まで離着艦可能な第一甲板から見学していこう。これまで自衛隊で運用していた“はるな型”や“しらね型”のDDHも、多目的ヘリのSH-60シリーズを3機艦載していたが、艦後方のヘリ甲板から離着艦できるのは1機だけ。そのため、ヘリ甲板上で問題が生じてしまうとヘリの運用ができなくなっていた。しかし、ひゅうがではたとえ1機が甲板上で故障しても、ヘリの運用は支障なく行なえるのだ。
 兵装も、ヘリを運用する上で邪魔になる速射砲が搭載されておらず、魚雷発射管も甲板上には姿がなく艦内に格納されている。そのため、甲板上には艦橋以外にほとんど突起物が見当たらない。甲板にあるものといえば、艦橋のほかにはヘリを格納庫から甲板に上げるエレベーターが前と後に1基ずつと、弾薬庫から弾薬などを上げるエレベーターが1基ある程度。このことから、構造上ヘリの運用を重要視していることが伺える。

次ページでは兵装や装備品をチェック!

艦内の格納庫へ!(次ページへ続く)

SH-60を11機を収容可能な巨大格納庫

 階段を降りると巨大な格納庫に到着。格納庫内の床材にも甲板と同じものが使用されており、滑りにくくなっていた。見学の際は中央部分の防火シャッターが上げられていたが、本来は中央部分の仕切りが降りて、前方が第一格納庫、後方が第二格納庫として運用される。

 格納庫の広さは、SH-60シリーズであれば7機を格納できる。さらにエレベーターの先に見える整備エリアは、メインローターを広げたままでも整備可能な広さがあるため、はるな型やしらね型のように甲板に出さずに整備できるので、天候に左右されることはなくなった。

 格納庫にも、高所作業車とフォークリフトが展示されていた。この一般公開時は、ひゅうがのオリジナルグッズを販売したり、乗船記念のスタンプ台も格納庫内に設置されていた。

見学を終えて……

 ひゅうがは、他に類を見ない護衛艦なだけにマニアからの注目度も高く、今回の一般公開を楽しみにしていた人も多かったようだ。あいにく今回見学できたのは、全通甲板とヘリ格納庫の2ヵ所のみだったが、それでも最新鋭艦を一目見ようと数多くの見学希望者が訪れていた。
 護衛艦の一般公開は、頻繁に開催されているわけではないが、滅多に入れない護衛艦や各種装備を間近に見られるチャンス。海上自衛隊の働きを理解するうえでも絶好な機会なので、この記事で興味を持ったならば、頻繁に自衛隊のウェブサイトなどでイベント情報をチェックし、次回開催時に見学してみるといいだろう。

【関連サイト】

■関連記事