このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

旭エレクトロニクス「2009最新サーバープラットフォーム勉強会」

神様またやっちゃった! イベントでCore i5/3の登場を示唆!

2009年04月11日 23時55分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えした、旭エレクトロニクス主催のイベント「2009最新サーバープラットフォーム勉強会」が、本日4月11日(土)CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて開催された。

「2009最新サーバープラットフォーム勉強会」 会場内
旭エレクトロニクス主催のイベント「2009最新サーバープラットフォーム勉強会」が、本日4月11日(土)CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて開催された

 イベントでは、インテルとマイクロソフトの最新テクノロジーの紹介や、NVIDIAの立体視システム「GeForce 3D Vision」とは異なる“裸眼”による立体視システムの解説が行なわれた。さらにインテルのセッションではインテルの“神様”こと天野伸彦氏がライターの高橋敏也氏とともに飛び入り参加。天野氏らのサプライズ登場で、インテルのこぼれ話が聞けるかも!?(アキバのイベントにおいて天野氏はインテルの未発表ラインナップなどをオブラートに包みつつも明かしてくれることで特に有名)と、会場は大いに盛り上がった。

マイクロソフトセッション

マイクロソフト 古賀正章氏マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部 Windows Server製品部 古賀正章氏

 マイクロソフトセッションは、サーバープラットフォームビジネス本部 Windows Server製品部 古賀正章氏が登壇し、約5年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「Windows Server 2008」の解説を行なった。

スライド1 スライド2 スライド3
「Windows Server OS」の進化や、「Windows Server 2008」で実装されたHyper-Vという仮想化技術により今まで以上に保存や復元が簡単になったとした
スライド4 スライド5 スライド6
また、仮想化することによって、平均的なサーバーを物理的に増やしていくよりもエコと、使用電力の効率を5倍以上にすることができるという

インテルセッション

インテル 鈴木光政氏インテル株式会社 リセーラー・チャネル・オーガニゼーション 鈴木光政氏

 インテルセッションの前半は、リセーラー・チャネル・オーガニゼーション 鈴木光政氏による発売されたばかりのサーバー/ワークステーション向けクアッドコアCPU「Xeon 5500」(コードネーム:Nehalem-EP/LV)シリーズの解説を行なった。

スライド1 スライド2 スライド3
サーバー/ワークステーション向けクアッドコアCPU「Xeon 5500」(コードネーム:Nehalem-EP/LV)シリーズを導入するメリットして、物理的に同じ台数のサーバーを構築すれば性能は9倍、年間エネルギーコストは-18%、また同じ処理能力を維持するのであればサーバー台数は1/9で済み年間エネルギーコストは-90%となるとした

消費電力比較デモ

消費電力比較デモ 電力モニタ
Xeon L5520とCore i7 920を使用した消費電力比較デモ。Xeon L5520が166W前後に対して、Core i7 920は236Wと新「Xeon 5500」シリーズの省電力性が際立っていた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

人気PCゲーム実況しまくる「ゲーマーへの道」

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中