このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第48回

19gの心地よさ 最もアップルらしいiPod shuffle

2009年04月13日 14時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPod shuffle
iPhoneに加え、いつの間にかiPodシリーズも全機種が手元に揃っていたが、出番が多いのはB&O社の「BeoSound5」(写真左)と最新のiPod shuffleだ

究極は「コードレスのイヤホン2個だけ」?

 ノートパソコンはもとより、携帯電話や携帯音楽プレーヤーなど、多くのテクノロジープロダクトは、ここ数年、小型化の一途をたどっている。

 今のところ、手での操作が主なパソコンと、耳と口を使う通話が大きな目的の携帯電話では、小型化を目指したときになかなか超えにくい壁がある、というのは理解できるだろう。

 携帯音楽プレーヤーも、楽曲の選択や、再生/一時停止、早送り/巻き戻しといった操作を指先で指示するため、壁があるという点では同じだ。ただ、パソコンのキーボードや携帯電話のキーと比べると、圧倒的にボタンが少なくて済むため、本体サイズをシュリンクできる可能性が高い。

 手を使わずに、ジェスチャーや傾き、振動で操作を指示するという代替入力も研究されており、先進的なプロダクトではそうした要素を取り入れている。しかし、そうした新しいテクノロジーを採用すると、たいてい動作検証や最適なユーザーインターフェースの開発に時間を要することになり、それが多くの場合、製品コストにはね返ってくる。

 筆者のようなごく普通の人間が考えられる究極の携帯音楽プレーヤーは、きっと「コードレスのイヤホン2個だけ」という安易な構成になる。コードレスのイヤホン2個はどの程度の重さがあるか、ごく普通のイヤホンからコードを切り取って計測してみると約4gだった。

 将来、夢の携帯音楽プレーヤーが登場するとすれば、その総重量は5〜10gの範囲なのかも知れない。iPod Shuffleは本体重量が実測で11gだった。

iPod shuffle iPod shuffle
11gは100円硬貨2枚分に相当する。外形サイズも極めて小さくタイピンのようだiPod shuffleの重さは、最近、筆者愛用の重量級腕時計ファントムの12分の1

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART