このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile ― 第21回

美しき超薄型ノートAdamoの○と×

2009年04月08日 16時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 このところ、海外の大手PCメーカーでは「デザイン」の見直しが進んでいる。この流れは、2大メーカーの一角、ヒューレット・パッカード(HP)が先鞭をつけたものだが、最大手のデルも、負けじとデザイン面の改善を進めている。たとえば、Netbookの「Inspiron Mini」シリーズは、彩りも鮮やかでなかなか評判がいい。

 デルのデザイン重視戦略の、象徴的な製品として登場したのが、新ブランド「Adamo」である。今回は、下位機種にあたる「Adamo ADMIRE」をテストしてみた(スペックは最終ページに記載)。

Adamoの「オニキス」モデル Adamoの「オニキス」モデル

ケースから高級感を「演出」
どこまでも薄い「板」のような形状

 Adamoは、とにかく「デザイン」を重視するユーザーに向けた製品である。それは、パッケージを開けた瞬間の演出から始まっている。巨大なプラスチックのケース内に、「浮く」ように収まっているのだ。予備知識なしに開けると、これほど驚くパッケージはないだろう。

Adamoはケースからして非常に凝っている Adamoはケースからして非常に凝っている。透明アクリルのケースの中空に浮いて見えるように収められている。ACアダプターなどの付属品は、下部の黒い箱内に入る

 本体は写真のとおり、ほぼ「アルミの板」と言っていいシンプルな形状である。アルミの板的なデザインというと、アップルの「MacBook Air」が有名だが、あれよりさらに薄い。MacBook Airは縁が薄くなった形状で、最厚部が19.4mm。それに対しAdamoは16.4mm。ヒンジ部にわずかな丸みをもったでっぱりがあるものの、どこかだけが厚い、ということはない。まさに「板」である。

本体左側面 本体右側面
Adamoは切り出した厚いアルミ板を思わせるソリッドなデザインとなっている。薄さはMacBook Airよりも薄い
MacBook Airと並べて MacBook Airと重ねてみると
MacBook Air(右)と並べて。ディスプレーサイズはほぼ同じMacBook Airと重ねてみると、Adamoの方がやや大きいのが分かる
MacBook Airと上下に重ねて MacBook Airと上下に重ねて。Airは縁が薄いので薄く見えるが、最厚部はAdamoよりわずかに厚い

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART