このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iidaといっても飯田橋とは関係ありません

auの新ブランドはデザイナーとコラボするケータイ

2009年04月07日 20時37分更新

文● ゴーズ(小林誠、今西絢美)、岡本善隆/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iida

 ケータイの春商戦も一段落し、一方で夏モデルには少々間が空いているこの時期にKDDIがケータイの新ブランド「iida」(イーダ)を発表した。

 このiidaの最大の特徴は外部デザイナーとコラボレーションし、ライフスタイルをも一緒に提案していくというもの。KDDIといえばデザインケータイ「au design project」で展開されたINFOBARやMEDIA SKINなどが印象的だが、iidaはそれをさらに発展・吸収した位置づけとなり、感性に訴えていくブランドとなる。

 なおiidaの略はinnovation、imagination、design、artの頭文字から取られた。業界関係者はどうしても、KDDIでもau関連のオフィスがある飯田橋という地名を連想するが、これについては小野寺社長みずから否定していた。

第一弾の端末は男性がターゲットのカッコいい系

 さて、iidaからリリースされる最初の製品がソニー・エリクソン製のG9(ジーナイン)。プロダクトデザイナー・岩崎一郎氏が手がけており、同氏が過去にau design projectで発表したコンセプトモデル「GRAPPA(グラッパ)」の2009年バージョンという意味を持つ。大人の男が持つにふさわしい上質感があってオシャレなケータイだ。4月下旬の発売予定で、通常のauのケータイと共に店頭に並ぶ。

G9 ボタンはギザギザの傾斜になっているのだが、この押し心地がいい。特にカーソルキー周りは傾斜が大きくなっており、軽く押しただけなのにしっかりと押した感触が得られ、しかも画面上のレスポンスも速くサクサク動く。なお、ディスプレイは約3.0インチフルワイドVGA(480×854ドット)。カメラは319万画素(CMOS)。グローバルパスポート(CDMA、GSM)にも対応する
テンキー 側面
カーソルキーほどではないがテンキーも傾斜がついているので押しやすい。ちなみにG9はタッチパネルではないので、すべてボタン操作になる側面のフレームはステンレス製だが、チタン化合物でコーティングしているのでさらに高級感が出ている。titanium+silverはフレーム部分がマットな質感でサラサラしている
カラバリ
カラーバリエーションはmirror+pink、black+green、titanium+silverの3つ。指紋がつくのが嫌ならtitanium+silverを、オシャレな雰囲気を出したいのなら前2モデルが良さそう

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン