このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

編集部が思わず笑ってしまったエイプリルフール企画ベスト25

2009年04月01日 17時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今日はどんなウソもまかりとおる奇跡の日、エイプリルフール。毎年、各社サイトがこぞって趣向をこらしたジョークを配信し、ユーザーもそれをなんとか見つけようと躍起になる。

 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」調査によれば、2008年にユーザーが最も面白かったと回答したネタは「Impress Watch」「窓の杜」「円谷プロ」、また「@nifty デイリーポータルZ」などが挙がった。

 ともかく「便乗サイト」は山ほどあるので、ここでは編集部厳選の25サイトをピックアップした。さて今年はいかが?

1) Google「Google川柳βがサービスイン」

 まずはGoogleから。検索キーワードから自動的に川柳を生成するという新たなサービスが開始。ベータテスターの声として寄せられている「今の検索エンジンに足りないもの、それは俳諧の心だったのですね。これで今日からは安心して眠れます」という意味不明なコメントが楽しい。


2) Yahoo!JAPAN「実写版エヴァ撮影好調?」

 つづいてはYahoo! JAPAN。「エヴァンゲリオン新劇場版:破」とのコラボレーションキャンペーンとして特集をどでかく掲載。ユーザー参加型で「夢のキャスト」を投稿できるなどコンテンツは盛り沢山。たしかに普通のタイアップとして配信するよりもこちらのほうが読まれそうな気もする。


3) YouTube「動画を上下逆さまに表示できる“&flip=1”開始」

 どんな動画でもミラー状態にしてしまう「&flip=1」という謎タグが実際に運用開始。そんな動画を正しく見るための方法も掲載されており、「オーストラリアに引っ越す」など合理的すぎる方法が満載。


4) ニコニコ動画「高速プレイヤー導入&オバマ氏登場」

 4月1日午前0時から放送されていたニコニコ生放送のアーカイブを配信中。オバマ氏が出演という「釣り」は果たして? フレームが赤く染まり、異常なスピードでコメントがすっ飛んでいくという「高速プレイヤー」も。「はやすぎだろwwwwwwwwwwwww」など、ユーザーからの反応も上々。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART