このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スペースインベーダーの衝撃的なキャラデザ原案が公開

2009年03月27日 11時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
26日に開催された「無料で遊べる! タイトー・ハッピーステーション」。ゲームはすべて無料でプレイ可能という1日限定のお祭りイベントだった

インベーダーゲームの宇宙人はナスカの地上絵に描かれていた?

インベーダーゲームももちろん無料

 タイトーは26日、いわずと知れた名作アーケードゲーム「スペースインベーダー」30周年を記念し、1日限定のイベント「無料で遊べる! タイトー・ハッピーステーション」を開催した。

 アーケードゲームをメインとした新タイトルが続々と発表された。名作「エレベーターアクション」のリメイクなど注目作は記事の後半で紹介したい。

 新作だけではなく、「影の伝説」など往年のタイトルが出展されるなど、ファンなら思わず食いついてしまうイベントとなっていた。その中でも特に注目だったのが、インベーダーゲーム開発当初のキャラクターデザイン原案だ。

「ユルい!」と思わず声が出た。さらりと「キャラクター(イメージ)」と注釈されているが、敵キャラクターというよりは親しみが持てる味方キャラクターのように見える
ちょっと敵意があらわれているこんな顔をされたら撃てそうにない毛ガニ星人ということだろうか
ナスカの地上絵と比較してみるとそっくりだった

今日のブログに役立つ(?)インベーダートリビア

イベント会場ではインベーダーゲームの開発秘話も公開していた。その中から厳選して3つのトリビアを紹介しよう。


1) 最初は宇宙人ではなく「戦車」の予定だった

 開発当初は戦車や飛行機を使ったキャラクターを考えていたが、「動きを表現するのが難しい」という理由から開発を断念。続いて「人間はどうか」というアイディアが出たものの、社内から「ゲームとはいえ人を撃つことは良くない」と声が上がり、結果「宇宙人」を考案したのだという。


2) 日本で初めてCPUを使ったゲームだった

 それまでのコンピューターゲームはすべて電子回路を使った単純なものだったが、インベーダーゲームには初めてCPUを導入。開発者の西角友宏氏がアメリカ製のコンピューターゲームを独自で解析し、開発ツールから自作した。制作は1年がかりで、その60%以上が開発ツールの制作に使われたのだという。


3) 「ズンズンズン……」のBGMはジョーズが元だった

 ズンズンズン……という独特のBGMは音階にして「ド」「シ」「ラ」「ソ」というたった4つのサウンドから作られている。徐々に恐怖が迫ってくるという発想の元になったのは1975年版の「ジョーズ」だったという。

 (次ページ: 元鉄道アイドル・豊岡真澄さん参加のイベントも)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART