このページの本文へ

モモーイが長島☆自演乙☆雄一郎のテーマソングを作成!

2009年03月25日 21時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
桃井さんを引き連れて、記者発表の場に登場した長島☆自演乙☆雄一郎選手

 元祖アキバ系アイドル「モモーイ」こと桃井はるこさんが、ハードパンチャーで2月にはK-1参戦も果たした、巷で話題沸騰中のコスプレ格闘家、長島☆自演乙☆雄一郎選手のテーマソング「自演乙ソング(仮)」をAKIHABARALOVE RECORDSより6月17日に発売することを発表した。

 今回の記者会見の会場となったのは、アキバ系の2人らしく秋葉原にある某ビルのセミナールーム。会見の場に姿を見せた2人は、桃井さんが海外公演などで着ることの多い衣装を長島選手も身にまとって登場となった。


 さて、桃井さんが「自演乙ソング(仮)」を作成することになった経緯だが、昨年11月末に大阪で行なわれた「大虹ロックフェスティバルVol.1~みるくらりあっと~」に桃井さんが出演した際に、長島選手も来場したことで交流が始まり、その後、2月23日の“K-1 WORLD MAX 2009 -日本代表決定トーナメント”を桃井さんが観戦したことから始まる。

肩からはNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)スーパーウェルター級のチャンピオンベルトを下げて登場した
「自演乙ソング(仮)」の披露する際には、長島選手は新たに覚えたオタ芸を披露

 そして、具体的な話が出たのは2月28日。この日に行なわれたサエキけんぞう氏プロデュースのアイドルフェスティバル“TOgether”のリハーサルを観ていた長島選手が、地下アイドルたちの歌うアニソンを聞きながら「次の入場曲はこれにしようかな」とつぶやいたという。桃井さんが「長島選手のオリジナル曲ってのはないんですか?」と尋ねたところ、「ないですねー、あったらいいっすねー」と言われたので「じゃぁ、私が作ろう!!」ということになったという。

 急遽、曲作りが決まった桃井さん。K-1を観戦して長島選手に共感する所もあり、すぐに曲のパイロット版が完成したとのことだ。
 このテーマ曲は当初、練習の際にテンションを上げてもらうのに使う予定だったが、「こんなにテンションの上がる曲は、入場テーマにも使いたい」という長島選手からの要望により、CDとしてリリースされることになった。

 この日披露された「自演乙ソング(仮)」は、名前からもわかるとおりまだパイロット版。完成版がお披露目されるのは、4月21日にマリンメッセ福岡で開催される“K-1 WORLD MAX 世界王座決定トーナメント”でのアルバート・クラウス選手との対戦時になる。
 また、桃井さんによる長島選手のテーマソング制作以外にも、桃井さんのプロデュースするユニット“Summer of Love”での歌の作詞を長島選手が担当することも発表された。

 2人からのコメントはコチラ!

桃井はるこさん
アキバ系を自称して10年。長島☆自演乙☆雄一郎選手に、モモーイは“ネ申”と言ってもらえて、すごくやっていてよかったなと思っています。私も、私のファンの人もみんなで長島選手を応援しているので、がんばってください。私もみんなのテンションが上がる素敵な曲を作っていきます。
長島☆自演乙☆雄一郎選手
4月21日の試合では、声優さんのライブなどで使われるウルトラオレンジのサイリウムで応援してください。また、試合への抱負としては、「ネ申と協力して負ける姿は想像できない。アルバートおじさん、おっつおつにしてやんよ!」

最後に、桃井さんと☆自演乙☆選手からのコメントをお届け!

「着ボイスがドワンゴから登場するかも?」という爆弾発言、今後の長島☆自演乙☆雄一郎選手の動向から目を離すな!

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社