このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

対決!連写デジカメ ソニーHX1 vs カシオFC100

2009年03月25日 14時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DSC-HX1 EX-FC100
新センサー搭載で高画質、高速連写を実現した高倍率ズーム機「DSC-HX1」コンパクトサイズの高速連写デジカメ「HIGH SPEED EXILIM EX-FC100」

 低価格化とデジタル一眼レフカメラの人気に押されて、新たな方向性の模索に苦しむコンパクトデジタルカメラ。その中で注目される新機軸のひとつが、デジカメならではの超高速連写機能だ。

 ソニーが25日に発表した、高倍率ズーム+高速連写を売りとする新シリーズ「DSC-HX1」と、カシオ計算機が最近発売した「HIGH SPEED EXILIM EX-FC100」を評価して、最新の高速連写コンデジの魅力を探ってみたい。まずはDSC-HX1から取り上げる。


DSC-HX1 高倍率ズーム機の大幅強化モデル

 DSC-HX1は広角28mmからの光学20倍ズームレンズを装備した高倍率ズーム機の新シリーズだ。ラインアップとしては、2008年4月発表の「DSC-H50」(約910万画素、光学15倍ズーム)の後継モデルとなる。撮像素子には、同社独自のCMOSセンサー「Exmor」を採用。低ノイズと省電力、高速駆動が可能な点を特徴としている。

訂正:撮像素子に関する記述に誤りがございましたので、訂正いたします。(2009年3月25日)

高倍率ズーム機としては一般的なスタイル 両肩の下がった一眼レフ風ボディに大きめのグリップという、高倍率ズーム機としては一般的なスタイル

 ボディーサイズは全長がやや長くなり、背も高くなった。しかし横幅はわずかに小さくなり、高倍率ズーム機としてはかなりコンパクトに収まっている。デザインは「レンズ一体型高倍率ズームデジカメ」として一般的なフォルムだ。

本体上面 めいっぱいズームした状態
本体上面。ズームレバーがシャッターボタン部に配置された。電源ボタン手前の「C」と書かれたボタンが、カスタマイズ可能なファンクションボタンめいっぱいズームした状態。高倍率ズーム機らしく、レンズは大きく伸長する

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART