このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

たっぷり写真でマザボをチェック

分解速報・Mac Proの奥底に「Nehalem」を見た!!

2009年03月18日 14時30分更新

文● 広田稔/トレンド編集部 撮影●パシャ 協力/MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mac Pro + 24インチLED Cinema Display
Mac Proにアップル純正の24インチLED Cinema Displayを付けたところ

 現行Macで最強のマシン──。それがハイエンドデスクトップの「Mac Pro」だ!

 4日に発表11日に発売した最新モデルでは、インテルの新しいCPUアーキテクチャである「Nehalem」(ネハレム、開発コード名)を採用し、CPUの処理能力が向上した(関連記事)。

 新しいCPUといわれると「実物を見てみたい!!」と脊髄反射してしまうのがマニア心というもの。Mac Proはマザーボードとは別に、CPUやメモリーを置くライザーカード(ドーターカード)を用意するという、最近のデスクトップでは珍しい構成だ。

 編集部では早速、8コアのMac Proを入手。弊社刊のMac雑誌「MacPeople」編集部の協力をあおぎ、デカいヒートシンクをはがしてマザーボードを激写した。そのフォトレポートをお届けしよう。


 注意:分解はユーザー自身の責任のもとに作業することを前提としており、個々の環境に関して編集部やメーカーでは問い合わせに応じられません。また、分解作業に伴ういかなる損害も、ASCII.jp編集部/MacPeople編集部/メーカーで補償できないことをご了承ください。



まずは外観チェーック!

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中