このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ネットブック向き? データ端末H11LCの素顔に迫る

2009年03月18日 15時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

変わり種データ端末は何ができるのか

H11LC きわめて小型のH11LCは、ネットブックとの相性も良さそうだ。

 イー・モバイルの「H11LC」は、USBタイプのデータ通信端末でありながら、契約可能な料金プランは音声向けのみという、一風変わった存在である。

 かなり特殊な端末なので、まず初めにH11LCでできることと、できないことをまとめておこう。


できること

  • パソコンのモデムとしてHSDPA方式でのデータ通信(通信速度は下り最大3.6Mbps)
  • 音声通話
  • ショートメッセージ(SMS) 受信時のみ日本語表示に対応。送信時は日本語入力不可
  • 音楽再生(microSDHCに保存したMP3のみ)
  • 国際電話
  • 国際ローミング
  • 留守番電話などの各種ネットワークサービス
SMS設定画面 や音楽再生中の画面
SMS設定画面(左)や音楽再生中の画面

できないこと

  • 日本語入力
  • メール
  • ウェブブラウジング
  • カメラ
  • ワンセグ放送受信
  • GPS
  • おサイフケータイ
  • Bluetooth通信
  • 赤外線通信
  • 着メロ、着うた
  • 国内ローミング
  • 法人契約
付属ユーティリティ 日本語入力はできないが、表示は可能。連絡先への日本語入力は付属のユーティリティーソフトを使いパソコン上で行なう。Outlookなどからインポートも可能

 以上のことから分かるように、H11LCの本質はケータイではなく、あくまでも「通話機能を持ったデータ端末」なのだ。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART