このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

三角定規を立体デザインにするだけでこんなに便利

欧州vs.日本 定規はデザインか、それとも高機能か

2009年03月12日 06時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3L Griffit SET SQUAR
3つの面で構成された3L Griffit SET SQUER。本体が黒や青のモデルも用意されている。デンマークのメーカーによる製品で実売価格は約900円

 直線を引いたり、紙などを切断するのにあてがったりと、定規は今でもオフィスに常備されているだろう。しかし、文具としての定規はどうも画一的な形状でデザインの工夫がないのが残念なところ。確かに定規の形状は、長さを測るモノサシ兼用の直定規、三角定規なら90/45/45度と90/60/30度の2種類くらいしか考えにくい。オフィスでは、何も幾何を学ぶための文具ではないのだからちょっと凝ったものが欲しくなる。

 その点、デンマーク3L社の「3L Griffit SET SQUAR」は基本形状こそ普通の三角定規だが、単なる平面ではなくて三つの辺それぞれが傾斜を持っていて立体構造になっているのが特徴的である。

 三角定規でも直定規でも、紙に置いて線を引いたあとは決まって紙と密着し、持ち上げたり動かしにくい。その点、3L Griffitなら紙に密着するのは辺の部分だけで、持ち上がった中央の三角部分は指でつまみやすくなっており、持つのも回すのもが非常に簡単なのだ。

つまんで持ち上げられる
ハンドル部のおかげで紙の上を滑らせる際に非常に軽快で、紙から持ち上げるのも手軽だ。形状を立体にしただけで三角定規の常識が大きく変わった

 単に樹脂を立体に成型するというシンプルな仕組みにも関わらず非常に効果が高く、デザイン的にもおもしろいのがいかにもヨーロッパ的。ちょっとした小物文具でもセンスのいいものにしたいと考えるなら、ぜひ選びたい製品だ。

前へ 1 2 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ