このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

シーグランド、レコードからダイレクト録音できるコンポ『GENE SOUND』を発売

2007年03月09日 23時00分更新

文● 編集部

シーグランド(株)は8日、レコードの曲をUSBメモリーやSDメモリーカードにダイレクト録音できるコンポ“ターンテーブルデジタルコンポ”『GENE SOUND(ジェネサウンド)』を9日に発売すると発表した。価格はオープン。同社のオンラインショップでは1万9800円で販売する。

『GENE SOUND』
『GENE SOUND』

『GENE SOUND』(TAS-100)は、レコード(LP/ドーナツ盤)と音楽CDの音源を直接USBメモリーやデジタルオーディオプレーヤー、SDメモリーカードに録音できるのが特徴。レコードプレーヤーのターンテーブルはベルトドライブを採用し、回転数は33回転/45回転を切り替えられる。カートリッジは圧電型を採用する。USBメモリー/SDメモリーカード/CD-ROMに保存された音楽データの再生も可能で、再生可能なファイル形式はMP3(ビットレート32k~256kbps)/WMA(ビットレート32k~320kbps)。再生モードは1曲リピート再生/全曲リピート再生/イントロ再生/ランダム再生/フォルダーリピート再生の5つを用意する。FM/AM/TV(1~3ch)チューナーも搭載している(録音には非対応)。ワイヤレスリモコンが付属し、再生/一時停止/早送り/巻き戻し/録音/再生モードの切り替えなどが行なえる。

録音形式はMP3に対応し、ビットレートは32k/64k/96k/128k/192k/256kbpsのいずれかを選択できる。なおオーディオトラック名はアルファベット+数字の組み合わせで自動的に付けられ、『GENE SOUND』での変更はできない。インターフェースはUSB 2.0、SDカードスロット(miniSDカードにも対応、ただし別途アダプターが必要)、ヘッドホン出力(ステレオミニジャック)、オーディオ出力(RCAピンジャック)などを装備する。出力は2W×2。サイズは本体が幅275×奥行き316×高さ170mm、スピーカーが幅130×奥行き115×高さ195mm、重量は本体が約3kg、スピーカーが約1kg×2個。電源はACアダプター(AC100V)を利用し、消費電力は10.0~12.2W(待機時4.0W)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART