このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【Macworld 2007 事前レポート】Google Mapsで見る“新旧”基調講演の会場(前編)

2007年01月08日 19時51分更新

文● ITジャーナリスト 林信行

今週火曜日、日本時間の10日深夜に、いよいよ毎年恒例となるMacの展示会“Macworld Conference & Expo/San Francisco”が、米アップルコンピュータ社CEO、スティーブ・ジョブズ氏の基調講演で開幕する。

Macworld Conference & Expo/San FranciscoMacworld Conference & Expo/San Francisco

基調講演が行なわれるのは、日本時間で10日の深夜2時、米国では9日の午前9時だ。ただし、Macworld Expo常連組は注意してほしい。今回の基調講演会場となるのは、ジョブズの復帰以来使われてきたエスプランデ・ボールルーム(Esplanade Ballroom、Google Mapsのポイント)ではない。

新会場は、以前の記事でも紹介したように、モスコーンセンター・ウェスト(Moscone Center West、Google Mapsのポイント)とされている。恐らく、近年、毎年、Worldwide Developers Conference(WWDC)で基調講演を行なっている最上階の大ホールだろう。

もはや、エスプランデ・ボールルーム(先のGoogle Mapsへのリンクの中央に表示される建物)の広さでは、ジョブズの講演の来場者を収容するのに狭すぎる。

エスプランデ・ボールルーム モスコーンセンター・ウェスト
昨年まで基調講演の会場として使われてきたエスプランデ・ボールルームWWDC 2006でも基調講演会場となったモスコーンセンター・ウェスト

イベント会場となるモスコーン・センターの正式資料(外部リンク)によると、エスプランデ・ボールルームの広さは53×75mの約3975m2。これに対してモスコーンセンター・ウェストは、87×93mの8091m2と、面積だけでも倍近くある。

おまけにMacworld Expoとなると、ジョブズの基調講演を見ようと、毎回、前日の夜から数百メートルに渡る長蛇の列ができ、翌朝には数kmまで伸びる。

これまでイベント開催者側は、この列の処理に頭を抱えていたが、モスコーンセンター・ウェストでは一番大きい最上階大ホールの下に同じ広さの3階フロアがあるため、その一部を行列用スペースに利用できるだろう。

ただし、だからといって気を抜くわけにはいかない。今年はMacworld Expoへの来場者も例年に比べてかなりの増加が見込まれている。そのためかマスコミの中にも11月時点でプレス登録をしたにも関わらず、基調講演での座席は保証できないという通知をもらった人もいる。

米アップルのウェブページに大胆な予告メッセージが掲載された今、参加者はさらに増えそうだ。

The first 30 years were just the beginning. Welcome to 2007
Macworldの会場にも「The first 30 years were just the beginning. Welcome to 2007. 」の予告メッセージをあしらった横断幕が出現していた

Expo会場周辺を空から散策

Macworld Expoに興味があっても、この業界の人間でなければ、この時期にサンフランシスコまでなかなか行けるものではない。ここではせっかくイベント開催前なので、誰でもアクセスできるGoogle Mapsを使って、もう少し会場周辺の空の案内を続けよう。

まずはMacworld Expoのメインの展示会場となる、モスコーンセンター・サウス(Moscone Center South、Google Mapsのポイント)から。「さっきのエスプランデ・ボールルームと同じでは?」と思った人もいるかもしれないが、実は少しだけ中心がずれていることにお気づきだろうか。

四辺を道路に囲まれた1ブロックをまるまる画面の中に収めたつもりだ。実はこの1ブロックの地下に、Macworld Expoの展示会場となる255×84m(2万1420m2)の巨大なスペースと、いくつかの大ホールがある。地図上の車の大きさなどと比較してもらうとイメージしやすいだろう。

昨年くらいまで、Macworld Expoの出展者はやや縮小傾向にあり、すべてのブースがこのモスコーンセンター・サウスに収まってしまっていた。

しかし、今年のMacworld Expoは勢いがある。再び北側にあるMacworld Expo誕生の地、モスコーンセンター・ノース(Moscone Senter North、Google Mapsのポイント)にも返り咲いたのだ。

モスコーンセンター・ノースは、この緑豊かな1ブロックの地下にある。会場としての面積は158×80mで1万2610m2と、サウスの半分程度だ。

モスコーンセンター・サウス
展示会場のひとつとなるモスコーンセンター・サウス

Macworld Expoの主催者は、このMacworld生誕の地を、常にベンチャースピリットに溢れた新興企業に提供していた。こちらのホールで雑誌などで見かけたことがない、まったく新しい製品を発掘するのも、Macworld Expoに来る醍醐味のひとつだったのだ。

同時にモスコーンセンター・ノースに出展していた小さなメーカーが成長して、数年後に華やかなモスコーンセンター・サウスに大きなブースを構えている姿を見るのも常連組のささやかな楽しみだった。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART