このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【2007 CES Vol.4】米東芝、液晶TV“REGZA”のハイエンドシリーズや1080p対応の低価格HD DVDプレーヤーなどを発表

2007年01月07日 00時00分更新

文● 編集部 小西利明

新たな高画質化技術を取り入れた液晶TV“REGZA”の新製品と、東芝が第2世代と呼ぶHD DVDプレーヤー
新たな高画質化技術を取り入れた液晶TV“REGZA”の新製品と、東芝が第2世代と呼ぶHD DVDプレーヤー

(株)東芝の米国子会社であるToshiba America Consumer Products社は7日(現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスで開催中の“2007 International CES”の会場にて開催した記者説明会で、液晶TV“REGZA”(レグザ)シリーズのハイエンドモデル“Cinema Series REGZA 1080p Full HD”を始めとする13機種の新製品と、低価格ながら1080p出力に対応したHD DVDプレーヤー『HD-A20』などを発表した。いずれも日本での発売等は未定。

REGZAシリーズの最上位シリーズとなる“Cinema Series REGZA 1080p Full HD”は、日本で発売されている“REGZA Z2000”シリーズにもない高画質化機能などを搭載したハイエンドモデルである。強力な映像処理回路を利用した、画像補整技術やバックライト制御技術などは、日本のZ2000シリーズと同様のものを搭載している。

“ClearFrame”と称するその高画質化技術では、1秒間に60フレームのデジタル放送の映像を映像処理回路で120フレームに倍加。また元の60フレームの映像の1コマずつの間に黒のフレームを挟むことで、液晶パネルの動画応答性に起因する映像の残像感を抑制する機能である。このいわゆる“黒フレーム挿入”技術は、他社のハイエンド液晶TVにもすでに採用されている。しかしClearFlameでは、挿入する黒フレームが単なる黒1色ではなく、映像を解析して元映像に大幅なガンマ補正をかけることで、挿入フレームを作り出す。これを挿入することで、黒フレームの挿入で見られるようなフリッカー(ちらつき)や明るさの低下を防げるという。

“ClearFrame”での黒フレーム挿入の仕組みのイメージ図
“ClearFrame”での黒フレーム挿入の仕組みのイメージ図

そのほかにもCinema Series REGZAでは、HDMI 1.3の拡張された色深度情報“DeepColor”や、ソニー(株)が液晶TV“BRAVIA”のハイエンドモデルで対応して話題を呼んだ色空間規格“xvYCC”にも対応する。またHDMIケーブルを経由して接続された機器(AVアンプやレコーダー)を、TVのリモコンで電源オン/オフなどの操作を行なえる“CE-Link”などの機能も備える。

HDMI経由でTVに接続されたAV機器を操作する“CE-Link”。同種の機能は他社製品でも搭載するものが急速に増えていくようだ
HDMI経由でTVに接続されたAV機器を操作する“CE-Link”。同種の機能は他社製品でも搭載するものが急速に増えていくようだ

画面解像度はいずれもフルHD解像度対応。画面サイズは、42インチ(42LX177)、46インチ(46LX177)と、日本のREGZAシリーズにはまだない52インチ(52LX177)、57インチ(57LX177)の大画面モデルの計4機種がラインナップされる。発売予定時期は2007年6~7月。価格は未公表。

Cinema Series REGZA以外にも、1080pとCE-Linkに対応する“REGZA 1080p Full HD”シリーズ3機種(42HL167、47HL167、52HL167)も発表されている。

低価格機でも1080p出力対応 HD-A20

HD DVDプレーヤー『HD-A20』
HD DVDプレーヤー『HD-A20』

同時に発表されたHD DVDプレーヤー『HD-A20』は、同社が第2世代のHD DVDプレーヤーと呼ぶラインナップの中で、上位機種にあたる『HD-XA2』(999.99ドル、約11万8000円)と、エントリーモデルにあたる『HD-A2』(日本での『HD-XF2』に相当、499.99ドル、約5万9000円)の中間に位置する機種に位置づけられている。

米東芝のHD DVDプレーヤーラインナップ。TV側の1080p対応機種増加に合わせて、比較的低価格なHD DVDプレーヤーも1080p出力に対応した
米東芝のHD DVDプレーヤーラインナップ。TV側の1080p対応機種増加に合わせて、比較的低価格なHD DVDプレーヤーも1080p出力に対応した

スペック面ではHD-A2とほぼ同様だが、映像出力が1080pに対応。1080p入力対応TVと組み合わせて、HD DVDやDVDを1080pにアップスケーリングして出力することで、ちらつきのない鮮明な映像を楽しめる。ただしHD-XA2が対応するHDMI 1.3のDeepColorには対応していない。

価格は599.99ドル(約7万800円)で、2007年春発売の予定。日本での発売は未定である。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART