このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NEC、Blu-rayドライブや地デジ搭載ノートを含む“LaVie”春モデル一斉発表

2007年01月15日 11時10分更新

文● 編集部 佐久間康仁

日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)は15日、ノートパソコン“LaVie(ラヴィ)”の新製品として、マルチメディア志向のハイエンドノート“LaVie C”、地デジ&Blu-rayドライブ搭載モデルを含む“LaVie L(TVモデル)”、同社の売れ筋ノート“LaVie L(アドバンスト)”、低価格ノート“LaVie L(ベーシック)”、および2006年12月に企業向けの小型軽量ノートとして発表した“VersaPro UltraLite”の家庭向けモデル“LaVie J”の5シリーズ12製品を今月下旬以降に順次発売する発表した。価格はすべてオープンプライス。

『LL970/HG』
地デジチューナーとBlu-rayドライブを搭載した“LaVie L”シリーズのハイエンドモデル『LL970/HG』

LaVie2007年春モデルの特徴は以下の通り。

  • LaVie Lベーシックのエントリーモデル1機種を除き、すべてWindows Vista Home Premiumをプレインストール(LaVie Lベーシックのエントリーモデルは同 Home Basic)
  • LaVie L(TVモデル)に地デジ対応モデル(2機種)を、LaVie L(TVモデル)とLaVie Cの最上位モデルには記録型Blu-rayドライブ搭載モデル(各1機種)をラインナップ
  • 1スピンドルモデルで約1kg、2スピンドルモデルで約1.2kgと軽量化を図り、頑強性も兼ね備えた新型モバイルノート“LaVie J”をラインナップ

特にLaVie L(TVモデル)の地デジ対応モデル(LL970/HG、LL770/HG)では、Vista Home Premiumに搭載された十字方向で機能を選べるマルチメディアランチャー“Media Center”を独自に拡張して、同社のTV視聴・録画機能“SmartVision”を一体化。リモコンやキーボード、マウスから容易にTV視聴・録画予約などが行なえるという。なお、新たに開発した地デジチューナーボードを搭載したため、従来機種の地アナTVモデルと比べて、地上アナログ放送チューナー/PCカードスロット/ExpressCardスロット/2台目の内蔵HDDなどが省略されている(地デジチューナー非搭載モデルはExpressCard/34スロットを装備)。

LaVie L(TVモデル)の最上位機種(LL970/HG)ではさらに記録型Blu-rayドライブを内蔵しており、本体で録画したハイビジョン番組を画質劣化させることなくBlu-rayディスクに書き出しが可能。また、著作権保護されたコンテンツを配信できるDTCP-IP対応のホームAVネットワーク機能を備え、ハイビジョン番組をネットワーク経由で対応機器(VALUESTAR/LaVieの専用クライアントソフト搭載モデル)から視聴可能。音楽や写真、動画をホームネットワーク経由で再生視聴する統一規格“DLNA(Digital Living Network Alliance)”対応サーバー機能も備えており、DLNA対応機器との連携も可能となっている。

一方、LaVie Cは地デジチューナーを持たないが、i.LINK端子とHDMI出力端子を備え、HDV規格のハイビジョンビデオカメラで撮影した映像を取り込んで編集・加工し、オリジナルBlu-rayディスクに書き出したり、HDMI経由で接続した大画面TVに出力・表示が可能。

小型軽量・堅牢が特徴のLaVie Jは、Core Duo搭載で1kg台前半を実現したパワフルモバイルノート。VersaPro UltraLiteと基本的なスペックは変わらず、光ドライブを内蔵した2スピンドルタイプ(LJ750/HH)と、内蔵しない代わりにPCカードタイプのワンセグチューナーをセットにした1スピンドルタイプ(LJ700/HH)の2機種が用意される。

“LaVie GタイプJ”のアーバンブラウンモデル
傷が自動的に修復するという“スクラッチリペア”塗装を施した、NEC Direct専用モデル“LaVie GタイプJ”のアーバンブラウンモデル

さらに、モバイルノートとして外観を気にする個人ユーザー向けに、直販サイト“NEC Direct”の“LaVie GタイプJ”(LaVie J相当製品)では、“スクラッチリペア”という車の内部塗装に使われる傷が自然に回復する特殊塗装(カラーリングは“アーバンブラウン”)を選択できる(2スピンドルタイプのみ対応で、価格は+1万500円)。これはマグネシウム合金の天板の上にカラー塗装を施し、その上にスクラッチリペアの塗装を上塗りしたもので、傷がカラー塗装まで食い込むほど深い場合は修復されないが、スクラッチリペア部分のみの傷(小さなへこみ)であれば、時間の経過によってへこみが自動的に修復され表面が平らになるというもの。手触りは、カラー塗装と比べて少し指先に張り付くような印象があるものの、滑り止めの効果も期待できそうだ。

掲載当初、スクラッチリペアの価格差を未定としていましたが、価格差と対応機種の情報が得られましたので修正・追記しました。 (2007/01/15)

このほかの主なスペックと発売予定時期、編集部による予想実売価格は以下の通り。

AV志向ハイエンドノートパソコン
LaVie C(LC950/HJ、LC900/HJ)

ハイエンドノート“LaVie C”『LC950/HJ』
同社のハイエンドノート“LaVie C”『LC950/HJ』
実売価格
31万円前後(LC950/HJ)、25万円前後(LC900/HJ)
発売時期
2月上旬(LC950/HJ)、今月下旬(LC900/HJ)
CPU/チップセット
Core 2 Duo T7200-2GHz/Intel 945GM Express(LC950/HJ)、Core 2 Duo T5600-1.83GHz/同(LC900/HJ)
メモリー
1GB(512MB×2、PC2-5300、デュアルチャネル対応)/最大2GB
HDD
160GB(約80GB×2のRAID 0構成、シリアルATA接続)
光ドライブ
Blu-rayドライブ(LC950/HJ)、DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス
ATI Mobility Radeon X1600(512MB)
液晶ディスプレー
15.4インチワイドWXGA(1280×800ドット)スーパーシャインビューEX2液晶
TVチューナー
なし
ネットワーク
1000BASE-T対応Gigabit Ethernet/IEEE 802.11a/b/g準拠無線LAN
インターフェース
USB 2.0×5/i.LINK(IEEE 1394)/HDMI出力/アナログRGB出力/オーディオ入出力など
バッテリー駆動時間
1.7時間
本体サイズ/重量
幅374×奥行き292×高さ55.5(最薄部45.2)mm/約4.3kg
OS/Office
Windows Vista Home Premium/Office Personal 2007 with PowerPoint 2007

インテル製CPU搭載の高機能ノートパソコン
LaVie L(アドバンスト)(LL970/HG、LL850/HJ、LL770/HG、LL750/HG)

『LL770/HG』 『LL850/HJ』
地デジチューナーを内蔵するLaVie Lの低価格モデル『LL770/HG』こちらはチューナー非搭載のLaVie L『LL850/HJ』
実売価格
30万円前後(LL970/HG)、22万円台半ば(LL850/HJ)、23万円前後(LL770/HG)、19万円前後(LL750/HG)
発売時期
2月下旬(LL970/HG、LL770/HG)、今月下旬(LL850/HJ、LL750/HG)
CPU/チップセット
Core 2 Duo T5500-1.66GHz/ATI Radeon Xpress 1250(LL970/HG、LL850/HJ)、Celeron M 420-1.60GHz/同(LL770/HG、LL750/HG)
メモリー
1GB(512MB×2、PC2-5300、デュアルチャネル対応)/最大2.5GB
HDD
160GB(シリアルATA接続)(LL970/HG、LL770/HG)、100GB(シリアルATA接続)(LL850/HJ、LL750/HG)
光ドライブ
Blu-rayドライブ(LL970/HG)、DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス
チップセット内蔵(メインメモリーから最大320MBを共有)
液晶ディスプレー
15.4インチワイドWXGA(1280×800ドット)スーパーシャインビューEX2液晶
TVチューナー
地上デジタル放送対応(LL970/HG、LL770/HG)、なし
ネットワーク
Gigabit Ethernet/IEEE 802.11a/b/g準拠無線LAN/56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×5/i.LINK/アナログRGB出力/S-Video出力(LL850/HJ、LL750/HG)/S/PDIF(光デジタル)含むオーディオ入出力など
バッテリー駆動時間
1.1時間(LL970/HG)、1.4時間(LL850/HJ)、1.0時間(LL770/HG)、0.9時間(LL750/HG)
本体サイズ/重量
幅374×奥行き292×高さ55.5(最薄部45.2)mm/約4.2kg(LL970/HG、LL770/HG)もしくは約4.1kg
OS/Office
Windows Vista Home Premium/Office Personal 2007もしくは同 with PowerPoint 2007(LL850/HJ)

低価格普及タイプのノートパソコン
LaVie L(ベーシック)(LL590/HG、LL570/HG、LL550/HG、LL370/HD)

『LL590/HG』 『LL370/HD』
地アナチューナーユニットが付属する『LL590/HG』Celeron M搭載の低価格ノート『LL370/HD』は、ベーシックタイプに新たに追加されたローエンドモデル
実売価格
18万円台半ば(LL590/HG)、18万円台半ば(LL570/HG)、17万円前後(LL550/HG)、15万円前後(LL370/HD)
発売時期
今月下旬
CPU/チップセット
モバイルSempron 3200+-1.80GHz/ATI Radeon Xpress 1100(LL590/HG、LL550/HG)、モバイルTurion 64 X2 TL-50-1.60GHz/同(LL570/HG)、Celeron M 410-1.46GHz/ATI Radeon Xpress 200M(LL370/HD)
メモリー
1GB(512MB×2、PC2-5300、デュアルチャネル対応)/最大2GB、512MB(PC2-4200)/最大2GB(LL370/HD)
HDD
160GB(シリアルATA接続)(LL970/HG、LL770/HG)、100GB(シリアルATA接続)(LL850/HJ、LL750/HG)
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス
チップセット内蔵(最大320MB共有)、同(最大128MB共有)(LL370/HD)
液晶ディスプレー
15.4インチワイドWXGA(1280×800ドット)スーパーシャインビュー液晶
TVチューナー(外付けユニット)
地上アナログ放送対応(LL590/HG)、なし
ネットワーク
Gigabit Ethernetもしくは100BASE-T対応Ethernet(LL370/HD)/IEEE 802.11a/b/g準拠無線LAN/56kbpsファクスモデム(LL570/HG、LL550/HG)
インターフェース
USB 2.0×4もしくは同×3(LL370/HD)/i.LINK(LL590/HG、LL570/HG、LL550/HG)/アナログRGB出力/オーディオ入出力など
バッテリー駆動時間
1.8時間(LL590/HG、LL570/HG、LL550/HG)、0.9時間(LL370/HD)
本体サイズ/重量
幅360×奥行き260×高さ40(最薄部36.6)mm/約3.1kgもしくは幅362×奥行き261×高さ40(最薄部30.5)mm/約2.8kg
OS/Office
Windows Vista Home Premium/Office Personal 2007

小型軽量・頑強なモバイルノート
LaVie J(LJ750/HH、LJ700/HH)

『LJ750/HH』 『LJ700/HH』
光ドライブ内蔵の『LJ750/HH』。天面はVersaPro UltraLiteと同じ3つの窪みがあるボンネット構造光ドライブを省略した1スピンドルタイプ『LJ700/HH』は、ワンセグチューナーPCカードが付属する
実売価格
25万円前後(LJ750/HH)、23万円前後(LJ700/HH)
発売時期
2月上旬
CPU/チップセット
Core Duo U2400-1.06GHz/Intel 945GMS Express
メモリー
1GB(512MB×2、PC2-4200)/最大1.5GB
HDD
120GB(シリアルATA接続)(LJ750/HH)、約80GB(シリアルATA接続接続)(LJ700/HH)
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ(LJ750/HH)、なし(LJ700/HH)
グラフィックス
チップセット内蔵(最大224MB共有)
液晶ディスプレー
12.1インチXGA低温ポリシリコンTFT液晶
TVチューナー(PCカード)
なし、ワンセグ対応(LJ700/HH)
ネットワーク
100BASE-T対応Ethernet/IEEE 802.11a/b/g準拠無線LAN/Bluetooth V2.0+EDR(LJ750/HH)/56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×2もしくは同×3(LJ700/HH)/アナログRGB出力/オーディオ入出力など
バッテリー駆動時間
5.5時間
本体サイズ/重量
幅268×奥行き229×高さ38.6(最薄部34)mm/約1227gもしくは幅268×奥行き217×高さ38.6(最薄部27)mm/約1049g
OS/Office
Windows Vista Home Premium/なし

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART