このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NEC、ペットボトルの水をかけても、90cmの高さから落としても壊れない堅牢ノートパソコン『ShieldPRO FC-N21S』を発表

2006年12月05日 15時09分更新

文● 編集部 飯塚岳史

日本電気(株)は5日、ボディーにマグネシウムダイカスト合金を採用し、高さ90cmからコンクリートに落下しても壊れない堅牢性を持つ屋内外の作業現場向けノートパソコン『ShieldPRO FC-N21S』を2007年1月末に出荷すると発表した。価格はオープンプライス。同社によると、オプションの選択によって実売価格は異なるが、20万円台後半から30万円台前半を売れ筋として見ているという。

ShieldPRO FC-N21S
屋外での作業中のトラブルにも対処できる堅牢ノートパソコン『ShieldPRO FC-N21S』

FC-N21Sは、2004年10月に発売された『FC-N11F』の後継機種となるノートパソコン。CPUにIntel Core Solo U1400-1.2GHzを採用するほか、液晶ディスプレーは、12.1インチ(1024×768ドット)でコンバーチブル仕様のパネルを採用。液晶パネルを180度回転させて、タブレットタイプとして使用できる。セキュリティー機能としては、チップ内にパスワード情報などを格納できるTPM(Trusted Platform Module)チップを搭載するほか、Windows XPの暗号化ファイルシステムを利用したファイル・フォルダーの暗号化/複合化機能を備える。

液晶回転 タブレット状態
液晶パネルのヒンジ部分が回転する180度回転させてタブレットPCとして使用できる

また、従来モデルのIEC(International Electro technical Customer:国際電気標準会議)による国際保護規格はIP51だったが、本モデルでは防滴性を向上させてIP54に対応しており、全方位からの水滴や粉塵の駆動部分への侵入を防げる(IEC 529/MIL-STD-810Fによる評価基準)。ただ、本体が水中に浸かってしまうほどの水量は防ぎきれないという。また、強化ガラスによる液晶パネルを保護や特殊ケース内に収納されたHDDユニットを採用しており、非動作時、液晶パネルを閉めた状態において、90cmの高さからコンクリート床に落としても壊れない堅牢性を実現している(IEC 68-2-27/MIL-STD-810F,Method 516.5による評価基準(MIL:米軍仕様書(Military Specification and Standards))。

自由落下90cmくらいの高さから自由落下し、“ドカン”と大きな音を立てるShieldPRO。何度かデモとして落としていたが、問題なく動作していた
水をかける タッチパッド
500mlペットボトルから容赦なく水をかけられるShieldPRO。報道陣の要請に合わせて2リットル近い水をかけていたタッチパッド部分にも水がしたたっている様子。この間もずっと動作していた

そのほか、オプションメニューとして用意される“広温度範囲HDD”と“広温度範囲バッテリー”を搭載すれば、摂氏-20度から50度までといった非常に厳しい環境においても、十分動作できるという。

低温環境 温度
本体周辺にドライアイスを張り巡らせた低温環境。発表会中も何事もなかったかのように動作していた温度は-10度を表示していた。昨晩は-15度前後まで下げられたが、-10度まで上がってしまったという

FC-N21Sの詳しいスペックは以下の通り。

ShieldPRO FC-N21Sベースモデル

CPU Intel Core Solo U1400-1.2GHz
メモリー PC2-3200 DDR SDRAM 256MB(最大2GB、空き1スロット)
HDD Serial ATA 60GB
液晶ディスプレー 12.1インチTFTタッチパネル液晶(1024×768ドット)、コンバーチブル仕様
ネットワーク機能 10/100/1000BASE-T Ethernet、V.90対応56kbpsファクスモデム、IEEE 802.11a/b/g準拠無線LAN
拡張スロット PCカード Type II×1、SDカード
インターフェース USB 2.0×3(1ポートは挿抜耐性強化版)、シリアル×1、外部ディスプレー(ミニD-Sub15ピン)、ヘッドホン/ライン出力、マイク入力ほか
駆動時間 約8時間(JEITA測定法1.0準拠)
OS Windows XP Professional SP2
本体サイズ 幅284×奥行き255×高さ48mm
重量 約2.5kg

用意される主なオプションメニューは以下の通り。

キーボード
バックライト付きキーボード、キーボードカバー付き標準キーボード、キーボードカバー&バックライト付きキーボード
OS
Windows XP Professional SP2 英語版、Linux
メモリー容量
512MB(512MB×1)、1GB(1GB×1)、2GB(1GB×2)
ストレージ+バッテリー
標準HDD(Serial ATA 60GB)×1+標準バッテリー、広温度範囲HDD(Ultra ATA 40GB)×1+広温度範囲バッテリー、シリコンディスク(8GB以上を予定)×1+標準バッテリー、シリコンディスク(8GB以上を予定)×1+軽量バッテリー(150g前後、駆動時間約4時間)
無線LAN・指紋認証
無線LANあり・指紋認証あり、無線LANなし・指紋認証あり、無線LANなし・指紋認証なし

発表会では、放送・制御販売本部長の磯村二郎氏、制御システム事業部長の江上一成氏らが出席し、製品の概要などについて説明した。

磯村氏 江上氏
放送・制御販売本部長の磯村二郎氏制御システム事業部長の江上一成氏

江上氏は、堅牢ノートパソコンという市場について、「シェアとしては松下電器産業(株)の“タフブック”の独壇場となっているが、国内市場そのものは全体で2万台程度とまだまだ小さい。タフブックとは競合する製品になるが、共に市場を育てていければ」と語った。また、販売見込み台数としては、屋外の現場作業、検査・整備端末、特殊車両搭載端末のそれぞれの市場で、合わせて2年間で2万台の販売を見込んでいるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART