このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

三洋電機、軽量小型のワンセグ放送対応ポータブルカーナビ“ミニゴリラ”を発表

2006年11月09日 18時59分更新

文● 編集部 小西利明

4.5V型液晶ディスプレー搭載、重さ290gのポータブルカーナビ“ミニゴリラ”『NV-SD10DT』 付属の車載取り付けキットでダッシュボード上に設置したイメージ写真。操作はタッチパネル
4.5V型液晶ディスプレー搭載、重さ290gのポータブルカーナビ“ミニゴリラ”『NV-SD10DT』付属の車載取り付けキットでダッシュボード上に設置したイメージ写真。操作はタッチパネル

三洋電機(株)は9日、ストレージに内蔵フラッシュメモリーを採用し、ワンセグ放送視聴機能を内蔵したポータブルカーナビ“ミニゴリラ”『NV-SD10DT』を発表した。内蔵フラッシュメモリーと4.5V型(4.5インチワイド)の液晶ディスプレーの採用により、持ち運び可能な軽量ボディーを実現している。価格は9万1350円。発売日は20日の予定。

NV-SD10DTの正面写真。操作はタッチパネルが基本となっており、本体には操作ボタン類はなく、リモコンもオプション
NV-SD10DTの正面写真。操作はタッチパネルが基本となっており、本体には操作ボタン類はなく、リモコンもオプション

ミニゴリラは日本で一般的なAV機能の充実した高機能カーナビゲーションシステムではなく、欧州で人気の高い機能のシンプルなカーナビ“PND”(Personal Navigation Device)的な製品となっている。アンテナを含むGPS機能を内蔵するほか、外付けGPUの接続も可能である。内蔵する1GBのフラッシュメモリーに地図情報や施設情報を収録。DVDやHDDは内蔵せず、AV関連の機能は後述のワンセグ放送視聴機能だけのシンプルな構成となっている。メモリー容量は1GBと、DVDやHDDに比べれば少ないが、ジャンル検索や周辺検索、名称検索などで使うデータについては、同社のDVDカーナビと同等の数を収録しているという。フラッシュメモリー内のデータの更新は、本体右側面に装備したSDメモリーカードスロットを使い、SDメモリーカード経由で行なう。

収録データ量の比較。左がミニゴリラで右はDVDカーナビ。住所や電話番号以外はほぼ同等のデータ量を備える
収録データ量の比較。左がミニゴリラで右はDVDカーナビ。住所や電話番号以外はほぼ同等のデータ量を備える

NV-SD10DTの大きな特徴は、内蔵のワンセグ放送視聴機能である。携帯電話機よりも大きな液晶ディスプレーを利用して、デジタル放送を楽しめる。2段に伸縮するアンテナを内蔵するほか、外部アンテナの接続も可能。音声は本体内蔵のモノラルスピーカーで出力するほか、ステレオヘッドホンの接続もできる。なおEPGの機能は持つが、録画やデータ放送の機能は持たない。

ワンセグ放送受信の様子。画面にタッチすると、写真のように操作用ボタンが表示される
ワンセグ放送受信の様子。画面にタッチすると、写真のように操作用ボタンが表示される

4.5V型の現行カーナビとしては小さめの液晶ディスプレーと、ストレージをフラッシュメモリーに限定したことにより、NV-SD10DTは軽量コンパクトな製品となっている。サイズは幅141×奥行き25×高さ83mmと、手の上に乗る程度。重さも約290gと非常に軽い。ただしバッテリーの類は内蔵しておらず、基本的には車載機器としてシガーライターソケット経由で電力供給して使う機器である。

女性の手に乗る程度のコンパクトなボディー。ただし持ち歩いて使う用途向けの製品ではない
女性の手に乗る程度のコンパクトなボディー。ただし持ち歩いて使う用途向けの製品ではない

別売りでACアダプターや、単3電池4本を使用してバッテリー駆動させる電池ケース『NVP-DP20』(1万290円)も発売される予定だ。しかし、電池ケースで使用する場合はワンセグ放送視聴用とされており、走行時に電池ケースを使用しても、ナビゲーションは機能しないとしている。なお同社のニッケル水素充電池“eneloop”を4本使用した場合、約180分のTV視聴が可能という。電池ケースとeneloop 4本の重量は約190g。本体と合わせた重量は約480gとなる。

別売りの電池ケース(本体下側)を装着して、ワンセグ視聴を行なうイメージ写真。小型卓上TVとしてもよさそうだ
別売りの電池ケース(本体下側)を装着して、ワンセグ視聴を行なうイメージ写真。小型卓上TVとしてもよさそうだ

“エコドライブ情報II”と呼ばれる、車の急加速や急減速、長時間のアイドリングといった操作をGPSの情報を元に検出。“CO2排出量の多い操作”として、ドライバーに警告する機能も搭載している。運転時の“エコドライブ度”を5段階で評価するといった機能も備えている。

“エコドライブ情報II”機能はGPSの位置情報の変化から急加速などを検出。CO2排出量の多い操作として警告する
“エコドライブ情報II”機能はGPSの位置情報の変化から急加速などを検出。CO2排出量の多い操作として警告する

NV-SD10DTからワンセグ放送視聴機能を除いた廉価モデル『NV-M10』も同時に発売される。価格は7万8750円。

ワンセグ放送機能を除いた『NV-M10』。ナビゲーション機能は同等である
ワンセグ放送機能を除いた『NV-M10』。ナビゲーション機能は同等である

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART