このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

エプソンダイレクト、Core 2 Duo搭載可能なスリムタワーPC『Endeavor MR3100』を発売

2006年10月03日 11時38分更新

文● 編集部 小西利明

薄型省スペース筐体にCore 2 Duoを搭載可能な『Endeavor MR3100』
薄型省スペース筐体にCore 2 Duoを搭載可能な『Endeavor MR3100』

エプソンダイレクト(株)は3日、スリムタワー型の省スペースデスクトップパソコン『Endeavor MR3100』を発表した。スリムタワー筐体ながら、インテル(株)製のデュアルコアCPU“Core 2 Duo”をCPUに搭載可能で、省スペースデスクトップでは最高クラスのパフォーマンスを誇るとしている。

MR3100は4月に発売された『Endeavor MR3000』の流れをくむ省スペースデスクトップパソコンで、スリム筐体ならではのコンパクトさをキープしながら、高速CPU対応や拡張性にも配慮した筐体を実現した製品である。

高速CPU対応については、搭載可能なCPUとしてCore 2 Duoプロセッサーが選択可能である。省スペース型のBTO製品では、Core 2 Duoでも低クロックのE6300しか選択できない製品もあるが、MR3100ではCore 2 Duoでは最速品のE6700-2.66GHzも選択可能であるなど、パフォーマンスを要求するニーズにも十分対応できる。Core 2 Duo以外に、Pentium DやPentium 4、Celeron Dの選択も可能だ。

拡張性の面では、まずグラフィックスカード用のPCI Express x16スロットに加えて、PCI Express x4スロット×1、PCIスロット×2を装備するなど、省スペース型としては充実したスロット数を用意している。グラフィックス機能もチップセット内蔵機能だけでなく、ATI Radeon X1600 Proやデジタル出力アドオンボードなどが選択可能となっている。ちなみにMR3100で選択できるRadeon X1600 Proのカードは、デジタル映像出力としてHDMI出力端子を装備しており、HDMI入力を備えたデジタルTVに直接接続も可能となっている。

HDDを2台内蔵可能な点も、拡張性面での大きな特徴である。省スペース型の製品では内蔵HDD用ベイをひとつしか持たないものが大半であるが、MR3100は内蔵HDD用ベイを2つ備えている。注文時に同容量のHDD 2台でRAID 0/1構成を取ることも可能で、同社では“省スペース型の製品でCore 2 Duo+RAID構成が可能なのはMR3100だけ”とうたっている。また光ディスクドライブには、Blu-rayドライブの選択も可能となっている。それ以外の主なスペックは以下のとおり。

Endeavor MR3100の主なコンポーネント
CPU Core 2 Duo E6700-2.66GHz、E6600-2.40GHz、E6400-2.13GHz、E6300-1.86GHz
Pentium D 925-3GHz、Pentium 4 531-3GHz、Celeron D 346-3.06GHz
チップセット Intel G965 Express
メモリー PC2-5300 256MB~3GB
グラフィックス チップセット内蔵グラフィックス機能、デジタル出力アドオンボード
ATI Radeon X1600 Pro HDMI-256MB、GeForce 7300LE-128MB、NVIDIA Quadro NVS285-64MB
HDD SATA II 40GB~400GB、RAID 0/1構成(最大400GB×2)対応
光ドライブ DVD-ROMドライブ、DVD/CD-RWコンボドライブ、DVDスーパーマルチドライブ, Blu-rayドライブ
拡張スロット PCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2
ドライブベイ 5.25インチ型×1、3.5インチHDD専用×2
ネットワーク 10/100/1000BASE-T対応LAN
セキュリティーチップ TCG v1.2準拠
インターフェース USB 2.0×6、IEEE 1394×2、アナログRGB出力、PS/2キーボード、PS/2マウス、パラレルポートなど
電源容量 275W
本体サイズ 幅98×奥行き401×高さ357mm
質量 約8.6kg(最小構成時)
OS Windows XP Home Edition SP2、XP Professional SP2
最小構成価格 5万9850円

インターフェース類は、USB 2.0を前面2、背面に4ポート備えるほか、IEEE 1394も前面と背面にそれぞれ備える。企業ユーザー向けにPS/2キーボード・マウスポートやパラレルポートを備えるほか、BTOオプションで選択可能な拡張カードとして、シリアルポートの搭載も可能だ。標準搭載のLAN機能は10/100/1000BASE-Tに対応。TCG v1.2対応のセキュリティーチップも標準搭載されている。PCIスロット装備のTVチューナーカードもオプションで用意されている。

最小構成時の価格は5万9850円から。また25日17時までは“インテル Core 2 Duo プロセッサをお得にアップグレード!キャンペーン”キャンペーン期間として、上位のCPUを選択した場合、価格が割り引かれる(最大2万6250円)キャンペーン価格が適用される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART