このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

眞鍋かをりも審査した“PODCASTING AWARD 2006”の授賞式が開催――最優秀賞は中央大生の“多摩探検隊”

2006年09月07日 19時33分更新

文● 編集部 広田稔

ニフティ(株)は7日、都内のApple Store銀座にて、優秀な個人のポッドキャスト番組を表彰するコンテスト“PODCASTING AWARD 2006”の授賞式を開催した。

このイベントは、同社が手掛けるポッドキャスト専門サイト“Podcasting Juice(ポッドキャスティングジュース)”のオープン1周年を記念して初めて開催されたもの。7月7日から8月11日の期間に個人の音声/映像のポッドキャスト番組を募集し、応募があった362番組の中から7番組が最終審査に残った。

審査員として、タレントの眞鍋かをりさん、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、映像作家の中野裕之氏、“ケータイ小説家”の内藤みかさんらが参加。授賞式には、真鍋さんと内藤さんが出席した。

人気ポッドキャスターになるための秘訣
真鍋さんは「ポッドキャストというメディアならではのツボを押さえれば、面白い番組が作れるのではないか」とコメント。人気ポッドキャスターになるための3ヵ条も披露した
内藤さん 古河氏
自身でもポッドキャスト番組を持つ内藤さんは、制作のコツについて「番組を作り続けることが大切最初の1回、2回に力をいれるのではなく、肩の力を抜いて作るといい」とアドバイス。「何がしたいかではなく、自分の立場で何を伝えられるかを考えて」とも発言した ニフティの代表取締役社長、古河建純氏も参加し、「ニフティには、パソコン通信時代のフォーラムや、ブログサービスの“ココログ”など、個人の情報発信、自己実現を支援するという企業文化がある」と、ポッドキャストサービスを始めたきっかけを語った
鳥越氏 中野氏
鳥越氏は、自身が編集長を務める“オーマイニュース”やフジテレビの“Watch Me!TV”を例に挙げ、「新しいメディアが出てくることに可能性を感じる。普通の人が持っているさまざまな可能性をくみ上げてくれるのでは」と発言していた中野氏は、ポッドキャストについて「新しい人が世に出てくるきっかけになるのでは? 小さいメディアだが、その小ささを追求すると逆に面白い番組を作れると思う」と語った

以下、受賞作品とその受賞理由をまとめていこう。


最優秀賞

中央大学多摩探検隊制作チーム “多摩探検隊”
中央大学多摩探検隊制作チーム
中央大学多摩探検隊制作チームの森友香梨さん

最優秀賞として選ばれた番組は、中央大学のFLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミの学生が手掛けるビデオポッドキャスト“多摩探検隊”。

受賞の理由について古河氏は、「多摩地域の文化、人物、自然などを扱う番組で、事前によく調査して、しっかり収録されている大変レベルの高い番組だと思う」とコメントした。

中央大学多摩探検隊制作チームの代表としてトロフィーを受け取った森友香梨さんは、番組について「ケーブルテレビとインターネットでも視聴可能で、ポッドキャストの配信は5月から始めました。毎月ゼミ生みんなで作っているのでこれからも精進していきたい」と謙虚に語った。



多摩探検隊
会場で上演された“多摩探検隊”のビデオ
授賞式
最優秀賞を受賞した“多摩探検隊”はPodcasting Juiceのサイト上で一定期間番組が紹介される。副賞としてノートブック『MacBook Pro』と、音楽配信サービス“iTunes Music Store”で使える商品券『iTunes Music Storeカード』が1万円ぶん贈呈された。

ポッドキャスティング優秀賞

モーリー・ロバートソン氏 “i-morley”
モーリー氏
モーリー・ロバートソン氏

音声のポッドキャストで優秀な番組に送られる“ポッドキャスティング優秀賞”を受賞したのは、 “i-morley”だ。J-WAVEのラジオパーソナリティーとして知られるモーリー・ロバートソン氏と女優の河野麻子さんが手掛ける番組で、文化/社会/芸術/政治などの分野についてトークを繰り広げている。

受賞理由について真鍋さんは、「日本国内だけではなく、レバノンやパレスチナの問題にもついて深く言及している。音楽関係、ジャーナリストなどインタビュー対象も幅広い」と説明。モーリーさんは、「始まったばかりの分野なのでどんどん草の根で広がっていってほしい」と喜びを語った。




ビデオポッドキャスティング優秀賞

北村卓也氏 “HOUSEFRIGGER”
北村氏
北村卓也氏

優れたビデオ番組に送られる“ビデオポッドキャスティング優秀賞”を受賞したのは、北村卓也氏らが制作するビデオポッドキャスト“HOUSEFRIGGER”。

選考理由について、中野氏は「バラエティー番組のバカ企画に近い、ファンキー系、バカ系の番組と僕は分類しています。僕も若いときに友人と馬鹿なビデオを作って遊んでいましたけど、見る人を元気にしてくれると思います」と、ビデオメッセージで語った。

北村さんは「作っているのは僕も含めて3人ですが、3人ともほぼニートの状態で時間がたっぷり余っているので、かなり作り込んでいます。ほかの2人は本当にニート過ぎてお金がなくて授賞式に来られなかったけど、みんなで喜びを分ちあいたい(笑)」とコメントし、会場の笑いを誘っていた。




クリエイティブ賞

石坂渉氏 “Pod jam”

よく作り込まれた、芸術性の高い番組に送られる“クリエイティブ賞”は、石坂渉氏が手掛けるインターネットラジオ番組“Pod jam”が受賞した。番組内容は、インディーズやアマチュアのミュージシャンを紹介するというもの。

内藤氏は受賞理由について、「数多くのアーティストを取り上げてきているうえ、紹介したアーティストが新作を発表したり、何か受賞した際には、ココログを活用してフォローを入れている点も素晴らしい」と語った。なお、石坂さんは授賞式を欠席した。


審査員特別賞

雪山俊隆氏 “ポッドキャスト説法”
雪山氏
雪山俊隆氏

審査員が選んだ番組に送られる“審査員特別賞”を受賞したのは、浄土真宗本願寺派の僧侶、雪山俊隆氏が作る“ポッドキャスト説法”だ。

選考理由について真鍋さんは「お坊さんの説法というと、お寺に行ってありがたく聞かなければいけないという固いイメージがありますが、それをポッドキャストという最先端の技術と組み合わせたところが面白いと感じた」と解説した。

富山から駆けつけた雪山氏は、「ポッドキャスト説法は、今年で17回忌になる私の父親が20年前以上に話したことを放送しています。その話が今でも通用しているということがうれしい。僕らの世代では“仏教をポップに届けたい”というのをテーマにやっているけど、その準備段階で受賞できたのは励みになります」と感想を述べた。




パーソナリティキャラクター賞

高橋美香さん “ORANGE BOX”
高橋さん
高橋美香さん

番組出演者の個性が目立つ応募作品に送られる“パーソナリティキャラクター賞”を受賞したのは、高橋美香さんのポッドキャスト“ORANGE BOX”。

選考を担当した鳥越氏がビデオメッセージで、「何よりも彼女の声がいい。プロのパーソナリティーやアナウンサーにも負けないくらいのしっとりとした感じで、しかもおじさんが聞いて癒される。内容よりも、声そのものがいいというのはポッドキャストでは重要。ときどき聞こえてくる言葉と言葉の間の自然な息づかいが、リスナーの心を揺さぶるものがある」と声への強いこだわりを見せると、会場は大爆笑に包まれた。

感想を求められた高橋さんは、「選考理由が声だけというのにちょっと驚いていますけど、ストレス社会に皆さまの心のオアシスになれるように、これからもがんばっていきたいと思います」と美声で答えた。




アイデア賞

浅川政幸氏 “役に立たない英会話”
浅川氏
浅川政幸氏

ポッドキャストの特性を生かしたユニークなアイデアの番組に贈られる“アイデア賞”には、浅川政幸氏の“役に立たない英会話”が選ばれた。

内藤さんは、「日常の時事問題などで誰もが心に描くぼやきを英語に直して、1行英会話という感じで伝えているが、それが思わず笑ってしまうような内容。まじめな教育番組ではできないようなフレーズが出てくるのは、まさにポッドキャスト向きだと思います」と選考理由について解説した。

浅川さんは「番組の制作には合成音声を、翻訳には@niftyの翻訳サービスを使っているので、機械とインターネットに“ありがとう”と言いたい」と喜びを表した。




受賞者と審査員
受賞者と審査員が揃って行われた撮影会


カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART