このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

携帯電話機の2006年夏モデルを総チェック

携帯電話機の2006年夏モデルを総チェック

2006年06月27日 21時35分更新

携帯電話機の2006年夏モデルを総チェック

本記事は2006年6月3日にASCII24 Newsに掲載した週末特集を、製品レビュー向けに編集して再掲したモノです。6月中旬以降の新製品・新発表については、ASCII24 Newsおよび携帯24の各記事をご参照ください。

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下NTTドコモ)、KDDI(株)ボーダフォン(株)から、2006年夏モデルが一斉に発表された。今後続々と発売されるこれらの機種について、まとめてチェックしてみたい。



“おサイフケータイ”“音楽再生機能”はともに不評!?

 まず、“第275回 携帯電話機について”(5月27日から今月2日まで)のアンケート結果から、読者の傾向を見ていこう。

【図1】読者が使用している携帯電話/PHSのキャリアー
【図1】読者が使用している携帯電話/PHSのキャリアー
【図2】“携帯番号ポータビリティー”にあわせたキャリアー乗り換えの予定
【図2】“携帯番号ポータビリティー”にあわせたキャリアー乗り換えの予定

 現在読者が利用している携帯電話/PHSのキャリアーは、圧倒的にNTTドコモが多く、約半数を占めている。また契約する携帯電話キャリアーを変更しても同じ電話番号が使える“携帯番号ポータビリティー” サービスが今年の11月に開始される予定だが、これにあわせて携帯電話キャリアーを乗り換える予定があるか、という問いには、65.1%の読者が「ない」と回答。逆に明確に「ある」と回答した読者は7.5%に留まっており、番号ポータビリティーが始まっても、すぐにキャリアーを変えようと考えている人は少ないようだ。

【図3】最新携帯電話機に期待する機能
【図3】最新携帯電話機に期待する機能

 最新の携帯電話機に期待する機能については、“ワンセグ(携帯機器向け地上デジタル放送)受信機能”と答えた読者が圧倒的に多く、41.7%にもなった。ちなみに某メーカー担当者によると「30代から40代のお客さんに受け入れられている」とのことで、20代以下の若者は“テレビ離れ”が激しく、あまり受け入れられていないようだ。予想外だったのは“生活防水機能”が2番目に求められていること(28%)。新機種ではNTTドコモの「SO902iWP+」とKDDIの「W42CA」が生活防水に対応しており、これらの動向が今後気になる。

 次いで多かったのがディスプレー性能の向上(27.6%)で、VGAの画面表示が可能なボーダフォン「Vodafone 904SH」のような機種が求められているようだ。以降はセキュリティー機能(24.8%)、Bluetooth機能(23.7%)と続き、KDDIが力を注いでいる音楽再生機能は23.3%、NTTドコモが力を注いでいる非接触型決済が可能な“おサイフケータイ”機能は20.1%など、読者の支持はあまり高くない傾向となっている。

【図4】おサイフケータイの利用状況
【図4】おサイフケータイの利用状況
【図5】おサイフケータイを持っていない人の今後の利用予定
【図5】おサイフケータイを持っていない人の今後の利用予定

 読者にはドコモユーザーが多いということで、おサイフケータイを持っているかを伺ったところ、70%を超える読者から「対応端末を持っていない」との回答を得た。そこで次に携帯電話を買い換えるときにおサイフケータイを利用したいかを伺ってみると、「まだ利用したくない」という回答のほうが多く、「おサイフケータイ非対応の機種を選ぶつもり」と回答したユーザーとあわせると半数を超える割合となった。

【図6】おサイフケータイを利用したくない理由
【図6】おサイフケータイを利用したくない理由

 その理由を尋ねてみると、「紛失時に不安だから」が29.1%ともっとも多く、「セキュリティー面が不安」(20.5%)とあわせると、やはり半数近くにもなる。最新機種のおサイフケータイには、生体認証機能や遠隔ロックといった機能が搭載されているが、それだけではまだまだ不安、という読者が多いようだ。

【図7】“ケータイクレジット”の利用意向
【図7】“ケータイクレジット”の利用意向

 最後に、NTTドコモを利用している読者に、“DCMX” などのチャージが不要な携帯電話向けクレジットサービスについて伺ったところ、やはり半数を超える読者から「利用したいとは思わない」との回答を得た。やはりおサイフケータイへの不安要素を取り除かない限り、携帯電話向けクレジットサービスを普及させるのは難しいのかもしれない。

 次ページ以降では各社夏モデルの注目機種を紹介していく。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン