このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

シチズン時計、携帯電話の着信を知らせる腕時計『i:VIRT』を発売

2006年06月08日 22時03分更新

文● 編集部

シチズン時計(株)は8日、Bluetooth機能を搭載し、携帯電話への通話着信を知らせることができる腕時計『i:VIRT(アイ:ヴァート)』を7月7日に発売すると発表した。本体カラーがブラックとシルバーの2モデルをラインアップする。価格はオープン。個数限定で販売する。

i:VIRT
『i:VIRT』(左がブラックモデルと充電器、右がシルバーモデル)

『i:VIRT』(W700)は、Bluetoothのハンズフリー機能を搭載した携帯電話機やPHSの通話着信を振動と光で通知する機能を搭載しており、あらかじめ電話帳データ(最大1000件)を『i:VIRT』に転送しておけば、着信時に名前を表示したり、着信中に保留/切断などの操作を行なったりできるのが特徴。発信者表示の非表示や、着信履歴(その日の10件)や電話帳をロックして見られなくするパスキーロック機能などのセキュリティー機能も搭載されている。また、携帯電話機/PHSとの距離が離れて接続が切れると、振動、光、“リンク切れ!”表示で警告する機能も搭載しており、携帯電話機/PHSの置き忘れ防止にも利用できるとしている。

表示には有機ELを採用。本体サイズは幅40.0×奥行き42.4×高さ14.6mm(バンドを除く)で、全長は約248mm(対応腕回り140~195mm)。充電は『i:VIRT』を充電器に載せるだけの非接触充電方式を採用している。フル充電の場合、Bluetooth/振動機能が使えなくなるまでは、携帯電話機/PHS連携時で約5日間。非連動時は約1ヵ月。充電器(CMUT-05)のサイズは幅65×奥行き75×高さ103mm、重量は約133g。電源はACアダプターを利用する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART