このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

東芝、ワンセグの視聴&録画ができるデジタルオーディオプレーヤー『gigabeat V30T』を発売

2006年05月30日 16時49分更新

文● 編集部

(株)東芝は30日、デジタルオーディオプレーヤー“gigabeat(ギガビート)”の新製品として、地上デジタル放送のモバイル向けサービス“ワンセグ”の視聴と録画が可能な『gigabeat V30T』(MEV30T)を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は5万円前後。

『gigabeat V30T』
『gigabeat V30T』

『gigabeat V30T』は、ワンセグ対応チューナーと輝度が400cd/m2で320×240画素(QVGA)の3.5インチ液晶ディスプレーを搭載しており、ワンセグの番組を視聴できるほか、内蔵する30GBの1.8インチHDDに最大で約130時間ぶんの番組を保存できるのが特徴。オーディオプレーヤーとしての機能は従来の“gigabeat”シリーズを継承しており、高音質技術“H2C”やWMA 9 lossless対応、8種類のイコライザーなどが搭載されている。内蔵HDDに音楽のみを収録する場合は最大約7500曲(音楽CD約750枚ぶん)、ビデオクリップやビデオカメラで撮影した動画などは最大で約127時間ぶんを収録できる。内蔵リチウムイオンバッテリ充電池による連続駆動時間は、ワンセグの視聴で約7時間、ビデオで約9時間、音楽で約25時間。

OSには『Windows Mobile software for Portable Media Center』(PMC)を搭載し、ファイルフォーマットは、オーディオが、WMA、WMA Lossless、MP3、WAV(PCM)、静止画がJPEG、動画がWMVに対応。本体へのデータ転送にはWindows Media Player 10を利用する。

アンテナ 本体上面 本体側面
アンテナを伸ばした様子本体上面本体側面

インターフェースはUSB 2.0/1.1を搭載し、対応OSはWindows XP Home Edition/Professional/Media Center Edition。モノラルスピーカーを内蔵する。本体サイズは幅124.0×奥行き22.5mm(最薄部18.5mm)で、片手でも操作しやすいように“ナビゲーションスティック”が採用されている。重量は約230g。本体カラーは“インディアインクブラック(K)”。ACアダプター、UDBケーブル、ヘッドホン、AVケーブルなどが付属する。

なお、“gigabeat”の広告キャラクターには、音楽アーティストの木村カエラさんを起用するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART