このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソースネクスト、年間更新料0円のセキュリティーソフトを発表

2006年05月29日 16時16分更新

文● 編集部 西村賢



競合ソフトと10年で約4万円のコスト差

ソースネクスト(株)は29日、セキュリティーソフト『ウイルスセキュリティ』を従来の年間課金モデルから、パッケージ購入費用のみで更新料のかからないモデルに転換した新パッケージ『ウイルスセキュリティZERO』を7月6日に発売すると発表した。価格は3970円から。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/98 SEでWindows Vistaにも対応する。

発表スライド ウイルスセキュリティパッケージ
年間更新手数料のかからないセキュリティーソフトを発表パッケージは1~3台用まで用意。また従来の年間課金モデルのパッケージ(1980円、年間更新料1980円)も併売される

Windows Vistaのサポート終了時までなら、OSやパソコンを買い換えても、最新のウイルスパターンファイルの更新やサポートを受けられる。パターンファイルだけでなく、新種のウイルスに対応するためのウイルス検知エンジンも、常に最新版にアップデートされる。

ソースネクストのコンシューマー向けセキュリティーソフト国内販売本数シェアは16%で、現在業界3位。1位の(株)シマンテック(46%)、2位のトレンドマイクロ(株)(26%)に水を開けられているが、今後5年間で1000万ユーザー、シェア35%でトップシェアの獲得を目指すという。

発表スライド2 松田憲幸社長
年間更新手数料モデルの競合ソフトとの比較。10年で約4万円のコスト差が出るという「ユーザーにとってセキュリティーソフトは入れても何もうれしくないもの。だから、価格は安く、また更新の手間は少ないほどいい」と説明する松田憲幸代表取締役社長


ユーザー数が増えてもコスト負担増にならず

今回の戦略転換が可能となった理由について、小嶋智彰氏(プロデュースグループ ゼネラルマネージャー)は、ユーザー数増加とサポートコスト増が比例しないことなどを指摘。「ウイルスのパターンファイル更新コストは、たとえユーザー数が100人であっても100万人であっても変わりません。回線やサーバーの増強についても、今や年々そのコストは半減していく傾向にあるので、これもあまり問題になりません。また、電話サポートについては、初めてインストールするときの初期サポートがほとんどですから、更新料モデルの場合とほとんど変わりません」と説明した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART