このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アイギーク、Mac OS X用データ復旧ソフト『Data Rescue II』を発表――Boot Campのボリュームにも対応

2006年05月24日 15時59分更新

文● 編集部 広田稔

DR II
『Data Rescue II』日本語版パッケージロゴ。アイギークのウェブサイトでは近日中に無料トライアル版が配布される予定だ

米アイギーク(iGeek)社は24日、Mac OS X用データ復旧ソフト『Data Rescue II(データレスキュー)』の日本語版を7月7日に発売すると発表した。価格は通常版が1万5750円、企業向けのITライセンス版が2万9480円。旧バージョンのユーザーは8925円で最新版にアップグレードできる。

復旧の対象となる主なメディアはHDD/MO/iPod/デジタルカメラの内蔵メモリー/メモリーカードなど。対応ファイルシステムはHFS PlusかHFS。ソフトウェア的に破損してファイルが読み込めなくなったメディアをスキャンし、復旧可能なデータをリストアップして、外付けHDDやネットワークボリュームなどにコピーできる。また、誤って初期化したメモリーカードから、JPEG画像を復旧させるといった用途にも使える。

動作モードとして、画面の指示に従って復旧作業を進められる初心者向けの“アシスタント”モードと、詳細な設定が可能な上級者向けの“エキスパート”モードの2種類を用意。復旧方法は、カタログ(メタデータ)をスキャンする高速な“クイックスキャン”、カタログとコンテンツ(実データ)を調査する“フルスキャン”、メディアの空きスペースのみをフルスキャンする“削除ファイル”などが利用できる。



アシスタント エキスパート
初心者向けの“アシスタント”モード上級者向けの“エキスパート”モード
リストアップ
スキャン後はファイルがリストアップされる

前バージョンと比べると、ソフトがUniversalアプリケーション化され、Intel製CPU/PowerPCのどちらのCPUを搭載するMacintoshでもネイティブで動作するようになった。そのほか、CocoaベースのGUIを採用、スキャン/リカバリー速度を向上、復旧可能なファイルの種類が前バージョンの10倍以上に増加――といった点が異なる。

対応OSはMac OS X 10.2.4以上で、復旧したデータを保存する外付けHDDやネットワークボリュームが必要になる。動作環境はCPUがPowerPC G3/G4/G5かIntel製CPU、メモリーが128MB。パッケージにはPowerPC用とIntel Mac用の起動CDが含まれている。


米国・FBIへの導入実績も

スミス氏
アイギークの社長、デイビッド・L・スミス氏

製品のリリースに合わせて開催された発表会では、来日したアイギークの社長、デイビッド・L・スミス(David L. Smith)氏が製品の特徴を解説。スミス氏は「Data Rescueシリーズは、FBI(米国の連邦捜査局)や大手アニメーション制作会社、研究所や医療機関に導入された。日本でもヤノ電器(株)のサービス部門に採用されている」と顧客例を公表した。

またスミス氏は「他のディスク修復ソフトは、修復作業時に破損したメディア上のデータを変更する可能性があるが、Data Rescue IIならデータに手を加えないためより多くのデータを失う心配がない。データ復旧ソフトを実行する前に、まずData Rescue IIを使ってほしい」と他社のメンテナンスソフトとの違いについても言及している。



比較
他社製品との機能比較
ゴードン氏
米プロソフトエンジニアリング社のゼネラルマネージャー、ゴードン・ベル氏

次いでData Rescue IIのソフト開発を担当する米プロソフトエンジニアリング(Prosoft Engineering)社のゼネラルマネージャー、ゴードン・ベル(Gordon Bell)氏が登場し、会社概要や顧客などを説明したあと、今後はiPod関連ソフトを開発していくことを明らかにした。なおData Rescue IIは開発がプロソフトエンジニアリングが、ローカライズや販売をアイギークが担当している。

最後に記者からの質問に応えるQ&Aセッションで、「Boot Campなどで作ったWindows用ボリュームでも動作するのか?」と質問されると、スミス氏は「公表していないが、コンテンツスキャン機能はDOSやNTFSのフォーマットのディスクをスキャンしてデータを復旧できる」と回答した。

「Mac OS 9用のソフトは併売するのか?」という質問に対しては、スミス氏は「Mac OS 9環境で使える『Data Rescue Classic』を用意している。ただし、Data Rescue IIのほうが復旧精度が高いので、Mac OS 9/Mac OS Xの両方が動作するマシンではData Rescue IIを使ってほしい」と答えている。





カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART