このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、高音質と装着性を高めた密閉式インナーイヤーレシーバー“EXモニター”『MDR-EX90SL』を発売

2006年04月03日 16時39分更新

文● 編集部

ソニー(株)は3日、新開発の密閉型音響構造を採用した大口径ドライバーユニット(13.5mm径)を採用した密閉型インナーイヤーレシーバー“EXモニター”『MDR-EX90SL』を5月10日に発売すると発表した。価格は1万2390円。

本体イメージ 装着イメージ
“EXモニター”『MDR-EX90SL』装着した様子

『MDR-EX90SL』は、大口径ドライバーユニット(ドーム型)を搭載し、フロントガスケットとリアガスケットにより密閉度を高めた密閉方音響構造を採用したほか、6種類の音響調整部品(リアガスケット/吸音材/フロントガスケット/レジスター/イコライザー/スクリーン)や、削り出しのアルミニウム製のハウジングを採用することにより、臨場感と切れのある低音再生、クリアーな中高音再生、フラットな音響特性を持たせたのが特徴。イヤーピースの角度を人の外耳道に合わせる独自の形状の工夫もなされているという。

分解図
分解図

周波数特性は5~25000Hz。インピーダンスは16Ω(1kHz)で、最大入力は200mW(IEC)。音圧感度は106dB/mW。プラグには金メッキステレオミニプラグを採用し、コードには長さ約0.5mのOFCリッツ線が採用されている。重量は約7g(コード含まず)。製品パッケージには、延長コード(長さ1m、金メッキステレオミニジャック⇔金メッキL型ステレオミニプラグ)、イヤーピース(SML各2個)、インナーケース、本革キャリングケースなどが付属する。

同社では、製造工程で、プロ用のスタジオモニターに近い理想的な音の特性を得るために、1台1台手作業による音響抵抗素材の調整を行ない、厳しい品質管理をクリアーしたものだけを出荷するとしている。4月4日から、東京と大阪のショールームで視聴できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART