このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

米マイクロソフト、次世代Windows“Windows Vista”のラインナップを発表

2006年02月27日 20時21分更新

文● 編集部 小西利明

新機能の1つ“Sidebar”を表示した“Windows Vista”の画面
新機能の1つ“Sidebar”を表示した“Windows Vista”の画面

米マイクロソフト社は26日(現地時間)、次世代Windows“Windows Vista”の製品ラインナップを公表した。ホームユーザー向けが3製品、ビジネスユーザー向けが2製品、新興市場向け1製品の計6ラインナップで構成される。発売スケジュールについては今年後半から変更はない。64bit拡張やMedia Center Edition、Tablet PC EditionといったWindows XPの派生バージョンの機能も、メインストリーム製品に統合される。

公表されたバージョンの概要は以下のとおり。

ビジネス向け

Windows Vista Business
“Windows Aero”。半透明や動的な影生成など新しいグラフィックス効果を持つユーザーインターフェース。
OS全体に渡るファイル検索機能。
Tablet PC Editionのペンによる操作、手書き文字認識機能。ペンだけでなく指先での操作も可能。
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Businessの全機能。
“Windows BitLocker”。ハードウェアによる暗号化にも対応した暗号化技術。
“Virtual PC Express”。新バージョンで互換性に問題を生じるアプリケーションを実行させるために、旧バージョンWindowsの仮想環境を提供。
UNIXベースのアプリケーションを実行するサブシステム。

ホームユーザー向け

Windows Vista Home Basic
ホームユーザー向けの基本機能版。ウェブブラウズや電子メール、基本的なドキュメント作成向け。
“Search Explorer”、“Sidebar”、ペアレンタルコントロールなどの機能を装備。
Windows Vista Home Premium
Windows Aeroベースの新ユーザーインターフェース。
文書だけでなく、画像や動画、音楽データにも対応した検索機能。
“Windows Media Center”の機能。デジタル放送を含むTV視聴の録画も可能。Xbox 360を接続できる。
Tablet PCの機能。
統合化されたDVDライティング機能。ビデオおよびデータDVDを作成可能。
Windows Vista Ultimate
ホーム、ビジネス向けのすべての機能を備えたWindows Vista。

すべてのバージョンについて、32bit版と64bit版が提供される。またホームユーザー向け3バージョンとVista Businessは、新しいパソコンにインストールして提供される。一方でBusiness Enterpriseはソフトウェアアシュアランスプログラムにて提供される。

Windows Vista Starterについては新興市場向けのバージョンと位置づけられており、発展途上国向けの低価格版Windows XPである“Windows XP Starter Edition”(日本向けには発売されていない)の後継製品となる。これらの市場のホームユーザーやエントリユーザーを対象としている。Starterは32bit版のみの提供となる模様だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART