このページの本文へ

今回はカワイイ“やえ歯”がポイント!? Rioworksの美少女電源に新パッケージが登場!

2006年01月25日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パッケージイラストに美少女CGを採用したRioworks電源に新モデルが登場した。Zippy製電源を採用したこの製品は、昨年6月に発売された“Gaming Edition”のRoHS指令準拠モデルとなる。

2モデル
発売されたのは、500Wモデルの「Zippy-500GE typeR」と600Wモデルの「Zippy-600GE typeR」2モデル
RoHS
新たにRoHS指令準拠となったのが特徴

 発売されたのは、500Wモデルの「Zippy-500GE typeR」と600Wモデルの「Zippy-600GE typeR」2モデル。スペック的には「Zippy-600GE/500GE」と同じようで、新たにRoHS指令準拠((鉛、水銀、六価クロム、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)、という6種類の環境に有害な物質を含有する製品の出荷を禁止する指令)となったのが特徴だ。
 ちなみにパッケージイラストの美少女CGのコスチュームがクリスマスを連想させるものとなっているが、販売しているT-ZONE.PC DIY SHOPによると「本来は年末発売予定だったため」とのこと。価格はそのT-ZONE.PC DIY SHOPで「Zippy-500GE typeR」が2万500円、「Zippy-600GE typeR」が3万800円となるほか、高速電脳にも近日入荷予定となっている。

CGイラスト 高スペック
メーカー関係者いわく「今回はやえ歯がポイントです」というCGイラストパッケージに似合わず高スペックなので、最新の環境にも十分対応する
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ